「2017年天一国指導者 新年特別集会」における真のお母様のみ言 (一部抜粋)

以下のみ言は、2017年1月3日、韓国・清平の天正宮博物館で行われた「2017年天一国指導者 新年特別集会」で、真のお母様が語られた内容を日本語に翻訳し、一部を抜粋したものです。

今、ここに集まった皆さん方は6・25 戦争(朝鮮戦争)に参加した人はあまりいないと思います。私たちが作戦中に最も重要な高地を奪還してこそ勝利し得ると考える時、いま現在、皆さん方が処している高地はどこですか?「国家の復帰」という高地です。

私たちの高地奪還のためには皆さん方が一つにならなければなりません。高地を奪還するという目標が一つでなければなりません。そこに総進軍する決意を持っていますか?(「はい」) そのようになれば、この丁酉年は希望があるでしょう。

これまでお父様に、責任を成して奉献し得なかった、この課題を必ずや成してさし上げるというそのような決心の下に皆さん方が総進軍するならば、私たちはできます。

*   *   *

真の父母の教えに一つになり得る国は栄え、一つになれない国は滅びるのが原則です。

それで今年の初めから議員たちの発議を集めて、議員連合創設を皆終えました。米国、ローマ時代の元老院のような所に行って、私が真の父母だといいました。真の父母と一つになって進んでいこうと話しました。混沌の中で人類の前に明確に真実を明らかにしてあげる真の父母。皆さん方はありがたく感謝をもって侍らねばな
りません。

議員連合を中心として教育していかなければなりません。そのようにできるように天は私たちに機会をくださいました。

摂理を完成させるみ旨発展のために、生が尽きる日まで、必ずや国家の復帰、世界の復帰を、私が父母様に侍って成し遂げるという覚悟で立たなければなりません。