父母の心情で世界の問題を治癒させるのが使命

真のお母様のみ言

以下のみ言は、2月4日にソウル市内のホテルで行われた「世界平和国会議員連合」世界総会で、真のお母様が語られた内容を日本語に翻訳・整理し、一部を抜粋したものです。(文責・広報局)

◇    ◇    ◇

私たちは皆、自由で平和な一つの世界を願っています。しかし現在私たちが対している世界は宗教の壁、人種の壁、文化の壁、国境線、さらに一層深くなっている利己主義的な自国の利益を優先するような動きは、一つの世界に行こうとするにあたって障害物となっています。

このような時点で皆さんが願い、天が願うその意義はどこにあるでしょうか? 本来この世界の主人は神様であられます。創造物からすべての人類が神様に属しています。しかし人類はそれが分からないでいます。人間と神様との関係が分からないのです。ですから人類歴史を通じて数多くの国々の分裂と戦争と、到底言葉にできない和合統一を遠ざける個人的な自国の利益のみを追求する、そのような文明史を成してきたことは事実です。

皆さんはこの世界に起きている現実を見る時、私たちの子孫の未来が希望的だと言うことの出来ない結果になることを心配しています。そうであるなら今、皆さんの責任が重要なのです。

*    *    *

今日起きている現象を見る時に、中心がありません。小さな国でも大きな国でも、まず自国の利益だけを考えます。私たちの心は一つの世界、平和で幸福な一つの世界を願うのですが、あまりにも多くの障壁があります。

しかしきょう皆さんは、大きな夢を持ってここに集いました。その意味は、皆さんが真の父母と創造主神様と同じ夢を見ているという事実です。

豊かな国も貧しい国も、それらすべての問題点を治癒させることができる父母様の顕現こそ、今日のすべての難問題を解決することのできる唯一の道です。その意味はすべての国々が、皆さんが皆さんの国で神様、創造主・天の父母様に侍る運動をしてこそ、世界平和が訪れるようになるということです。

そのように6000 年間という悠久なる歳月を、蕩減復帰路程を通じて、ご自身が立てて堕落した人類、聖書で言う野生のオリーブの木を真のオリーブの木として作って上げることができる方は、ただ真の父母だけです。真の父母を通じて祝福を受けることによって、神様の孝子孝女の立場に立つということです。

きょうの私たちの集いは、神様と私たちは父母と子女の関係ということです。父母と子女が一つになることのできなかった過去の人類始祖の間違いを蕩減復帰した立場になったので、皆さんが神様の子女になることができたのです。そうであれば真の父母様とともにUPF(天宙平和連合)を中心として、名実ともに議員連合はアベルUN(国際連合)になるでしょう。それは実質的に真の父母様によって、世界すべての問題を父母の心情で教育し治癒させて、健康な神様がともにある地上天国をつくる運動が天一国なのです。

それで私がきょう各国から来られた議員連合の会員の皆さんに願うことは、それぞれ自分の国の氏族メシヤになってください。皆さんの国の国民を救って生かす、実質的な真の父母様の教えを教育する、誇らしい国家メシヤになることを祝願いたします。