神奈川1万名大会における真のお母様のみ言

尊敬する内外の貴賓、そして、この日を祝い、映像を通して参加している全世界の食口の皆様。特に、家庭連合の神奈川県の祝福家庭の皆様。お会いできてうれしいです。

この神奈川県は、新しい日本として跳躍するに当たって、その門を開いたと聞きました。私はきょう、「新時代、天の摂理から見た歴史の真実と日本の使命」についてお話ししようと思います。

今日、世界の至る所で起きている現象を見るとき、人類には希望がありません。人間の力をもってしては、結論が出ないということです。本来の創造主であられる神様、絶対的な神様を知ることなしには、今日の問題解決に答えはありません。

本来、神様は天地万物を創造し、人間始祖となりうる男性と女性を創造されました。万物世界とは違って、人間には成長期間に責任(分担)を与えました。その責任とは、創造主であられる神様の前に、絶対信仰、絶対愛、絶対服従の心情で成長しなければならない、ということでした。

しかし、その過程において、欲心が生じました。自分を顧みるようになったのです。それが今日の堕落した人類です。ですから、今日の問題を解決するに当たって、人間の力では解決する方法がありません。堕落が自己中心から始まったのであり、今日の世界において、大国も小国も、自国の利益をまず考えます。一つになりえない結論を物語っています。

それで、私はきょう、創造主であられる天の父母様の夢が何であったのかを説明しようと思います。神様は、アダムとエバの成長期間の完成を通して、人類が出発しうる位置、言い換えれば、人類の真の父母として立とうとなさったのです。

しかし、人間が責任を果たせなかったことにより、神様は、待つ以外にありませんでした。それが人間を中心とした蕩減復帰による救援摂理歴史でした。一言で言えば、人間の中から、完成した真の父母になりうる人が現れなければならないのです。堕落した人類としては、神様の前に進み出ることができません。

こうして、天は寂しく困難な蕩減復帰摂理歴史を始めざるをえませんでした。どれほどつらく、困難なことだったでしょうか。4000年という長い歳月をかけ、イスラエル民族を通して独り子、「私の息子である」と言えるイエス・キリストを送ってくださったのです。しかし、イエス・キリスト独りではいけません。男性独りで父母になることはできません。

中心人物だったマリヤ、ザカリヤ家庭、ユダヤ教、イスラエル民族が責任を果たせませんでした。責任を果たせなかったイスラエル民族が、歴史を通じて、どのような蕩減を払うことになったのか、私たちは知っています。

イエス様は十字架で亡くなられる状況の中で、「再び来る」と言われました。再び来て小羊の婚宴をするというのです。そうだとすれば、キリスト教の(使命の)本質は、独り娘に出会うことです。その摂理の本質は分かりませんでしたが、それでも、「再び来る」と言われたメシヤを待つ切実な願いによって、キリスト教は出発しました。

(摂理の中心は)イタリア半島を中心として(出発し)、ヨーロッパ大陸を経て、英国に移ります。島国です。そして、英国を中心として大西洋文明圏時代を築き、世界に向かったのです。しかし、キリスト教自体が、イエス様の本質を知りませんでした。天の摂理が何であるのか、分からなかったのです。世界に広がっていきましたが、結局のところ、自国の利益のみを考える結果になってしまったのです。後退した、ということです。大西洋文明圏は、責任を果たせなかった、後退した文明になりました。

そのような中で、経済は復興させたのですが、人間の究極的な目的は、豊かに暮らし、飲み食いすることよりも、神様を知って、永遠の世界で幸福になるところにあります。ですから、古代の文明国家であるエジプトやイベリア半島などでは、人々が未来世界の幸福を追い求め、そのために生きたのです。

しかし、天が立てた国や中心人物が責任を果たせなければ、天が再び用いることはありません。新しい摂理において、新しく出発することのできる国を建てるのです。それがきょう、私がお話ししようと思う、大韓半島、韓国です。

私は1943年に生まれました。1945年に(韓半島が)解放されます。1950年には6・25動乱(朝鮮戦争)が起きました。この発端は、日本でした。島国は地政学的に、半島と大陸に向かっていこうとします。しかしその方法において、天が祝福しうる道を選ぶのは難しいことです。全ての出発が、自国の利益、自己中心の欲心からなされるからです。しかし、天は生きていらっしゃいます。摂理はこのようにして、進んできました。

解放を迎え、日本は敗戦国になりました。人の世において、損害を与えた人や国は、補償をしなければなりません。そのような中で、韓国において、6000年を経て天が探し立てた独り娘、独り子によって、真の父母の理想が実現したのです。

6・25動乱は、民主と共産の対決です。韓半島を中心として、民主と共産、同じ兄弟が争うようになったのです。ロシアと中国が共産化され、北朝鮮を支援しました。韓国の民主主義はまだ準備ができていない状態で、動乱が起こったのです。天は、6000年ぶりに探し出した独り娘に対する責任があります。成長期間が必要なのです。成人して、天のみ旨を担える位置に進むまでは、天が保護しなければなりません。

そのため、(天は)故郷を北朝鮮に置いたまま、韓国に下りてくるように私を導かれたのです。そして、6・25動乱が起こる中、無防備な状態だった韓国のために、国連軍が参戦するという奇跡のような出来事がありました。天のご加護と祝福でした。この一時のために、どれほど天が苦労されたか、考えなければなりません。

そのような中、日本はこの動乱のゆえに、経済復興を果たしました。事実でしょうか。天が祝福したのです。祝福を受けるからには、皆様が果たすべき責任があります。真の父母は、日本をエバ国として祝福しました。そうして、韓国、日本、米国を中心とした、太平洋文明圏時代を開いたのです。

昔の大西洋文明圏時代とは違い、真の父母を中心とした太平洋文明圏時代は、天に対する孝情の心情によって、人類を一つに集わせることができます。その責任の中心において、日本が母の国として、祝福を受けるようになったのです。

世の中でも、母親は子供の成功と幸福のために、あらゆる精誠を尽くします。そうであるならば、74億の人類を前にして、神様の夢、人類の願い、真の父母の夢を成し遂げる母親の使命とは何でしょうか。条件なく与えることです。分かりましたか。

そのような立場に立つとき、皆様の国の過去の過ちも、赦されるのです。賢明な人は、過ったことを認めなければなりません。認めてこそ、新しい跳躍ができるようになるのです。

私はこの国の政治家たちに、お話ししたいと思います。歴史の真実を知ってください。皆様によって日本が、世界を前に母の国として、瑕疵のない立場で最善を尽くす国となるよう、お祈りいたします。

皆様が願う平和、幸福というのは、与えれば与えるほど、大きくなるのです。自分一人幸福だとしても、その幸福は永遠には続きません。分かち合ってこそ、大きくなるのです。

式前行事で、二世圏の祝福家庭の報告がありました。彼らは父母様を知り、真の父母の思想を知っているがゆえに、日本だけのための二世ではなく、世界を愛し、世界のために生きる世界人であることを証ししました。

そのような私たちの二世がこの国に満ちあふれ、全世界の200以上の国と地域に満ちあふれるとき、74億の人類が神様の前に集い、神様に侍る人類一家族となる夢が実現することは、間違いありません。

特にきょうは、神奈川県(の人々)が中心となって集まった場です。日本の新たな歴史を出発させた神奈川県が、世界の中心となれるように跳躍する、この日となることを願います。

私たちは、家庭完成について語っています。日本が母の国であるとすれば、韓国は父の国です。父母が互いに愛で一つになってこそ、子女たちは幸福なのです。そうであるならば、過去のぎくしゃくした歴史は皆様によって全て清算し、新しい時代、新しい歴史の出発をしなければなりません。父の国、母の国、世界を代表する長子国である米国、この3カ国が摂理の中心に立って、真なる世界平和、真なる、神様の下の人類一家族の夢を成し遂げることを願います。全世界の大陸で、このような夢、理想が実現してきていることを知っていただきたいと思います。

改めて、世界平和を成し遂げるに当たって、日本がこの上なく大きい役割を担っていることをお伝えし、神奈川県とこの国に、永遠なる天の矜恤が共にあることを願いながら、私の話を終わります。