母国から世界に送る天の特使たちよ 天一国創建の最短距離を走れ!

真のお母様、日本の青年宣教団を激励

2013 年9 月2 日

天宙清平修錬苑(韓国)

 

 

 天の大きな祝福と深い関心の下、「天一国青年宣教師特別40 日修錬会」(7/25~9/2)が天宙清平修錬苑において開催されました。この天一国宣教団の編成および派遣プログラムの趣旨は、未来を担う二世圏の教育・訓練と共に、宣教支援(ビジョン2020プロジェクト勝利)を推進することにあります。真のお母様のご指導の下、このプログラムは日本をはじめ韓国、米国と共に世界の二世圏が通過する定期的宣教プログラムとなることが願われています。

 その40 日修錬会の修了式当日の9 月2 日、一番うれしいニュースが飛び込んできました。早朝に突然、梁昌植総会長が天宙清平修錬苑に来られ、「天一国宣教団は、直ちに正装に着替えて天正宮に出発するように。真のお母様が待っておられます」

という驚きのアナウンスをされたのです。直ちに正装に着替え、数

台のバスに分乗して天正宮博物館に向かうこととなりました。

 

 午前9 時50 分。まず、梁総会長を中心として、天一国宣教団のメンバー、スタッフ総勢約170 人が天正宮博物館の本郷苑を参拝。

 全体で敬礼を捧げ、梁総会長の代表祈祷、各自祈祷という順序で進み、みなが真のお父様がそこに共にいらっしゃることを深く感じ、涙を流しながら、今まで受けてきた教育と恵みに感謝する思いと、これから宣教地へと向かう決意を捧げていきました。

 

その後、真のお母様をお迎えしてみ言をいただきました。

天正宮博物館前で真のお母様を中心に

天正宮博物館前で真のお母様を中心に