南東京教区の「ファミリーフェスティバル」

祝福伝道の入口として好評

8men024 月30 日、南東京教区の「ファミリーフェスティバル2016」が東京都大田区内の会場で開催され、来賓のほか、新規・再復帰のゲスト43 人を含む総勢213 人が参加しました。

南東京教区は、昨年1200 双の祝福伝道を勝利し、神氏族メシヤ活動を進めました。今回で7 回目となるこの「ファミリーフェスティバル」は、その祝福伝道の入口となるイベントとして、家族や親族、知人・友人を含め、幅広い世代の人々を招待することが出来ると毎回好評です。

特に「幸せな家庭を目指す頑張る家族の紹介」のコーナーは、非常に個性的で愛情タップリの国際家庭や三世代の家庭が登場。それぞれの家庭が心を一つにしてピアノやギターに合わせて合唱する姿は、観ているだけで幸せを貰える恩恵深い時間となっています。


また今回は、杉田善忠孝成家庭教会長が「幸せになるための心の仕組み」をテーマに約40 分間にわたって講話。「自分が正しいという強い思いが、何かを否定し、誰かを否定します。そうすると、いらぬ不安や恐れが自分を責めるようになります」と語りました。参加者は、講演内容に強く共感し、最後まで関心をもって耳を傾けていました。

最後は、恒例の抽選会で盛り上がり、すべてのプログラムを終えました。

8men04
南東京教区は、こうしたイベントを一過性のものとせず、9 月に行う教区主催の祝福式に連結させ、さらに真の父母様の願いである神氏族メシヤ勝利に向けて前進していく方針です。