壮年は氏族伝道の原動力となれ

徳野会長が第7 地区、東神奈川教区、世田谷家庭教会で特別集会

金沢で壮年・婦人特別集会

8men015 月12 日、金沢家庭教会で徳野英治会長を迎えての「第7地区壮年特別集会」が、翌13 日に「第7 地区婦人特別集会」が行われました。第7 地区の石川、岐阜、富山、福井教区から「壮年特別集会」には約190 人の壮年食口が、「婦人特別集会」には約350 人の婦人が集いました。
講演した徳野会長は、今回の集会のために東京から金沢まで来る新幹線の中で、隣席の婦人が会長と同郷であったことから話が弾み、「伝道できる貴重な人と縁を結んだ」と証ししました。その上で、「壮年が動かないと親戚が動かない」と氏族伝道における壮年の重要性を強調し、参加者を激励しました。

8men02
翌日の婦人集会では、徳野会長は「家庭連合の最大のブランドである祝福結婚を進めてまいりましょう」と訴えました。

それぞれの集会は、参加者に大きな恩恵と強い決意もたらすものとなりました。

 
東神奈川教区と世田谷家庭教会で青年集会

8men03横浜家庭教会で5 月18 日、徳野英治会長を迎えて「東神奈川教区 特別青年集会」が行われ、約120人の青年と、各教会の牧会者と婦人代表が参加しました。

はじめに横浜青年部による合唱と、「無条件」のダンス、二人の姉妹による歌で、徳野会長を歓迎。盛り上がった中でメインの集会が始まりました。

徳野会長は講話の中で、①国際人になること②夢を持つこと③真の父母様を中心とした信仰の確立④祝福結婚――の4点を強調しました。

参加した青年らは、徳野会長の講話や姿を通して、真の父母様の愛と期待を実感し、「心を一つにしてお母様をお支えしていこう!」と決意する場となりました。
8men04翌19 日には世田谷家庭教会で、世田谷青年部、南東京教区などから100 人のメンバーが集まり、徳野会長を迎えての「青年部巡回集会」が行われました。
世田谷青年部の音楽バンドの力強い演奏、ダンスグループの華麗なダンスが披露され、熱気が覚めやらぬ中、集会の開会となりました。

 

講話を行った徳野会長は約1 時間50 分語った後、参加者全員と握手をし、別れを惜しまれつつ会場を後にしました。
教会から足が遠のいていた祝福二世も参加し、これから継続的につながる切っ掛けの場ともなりました。