金沢家庭教会の献堂1周年を記念し「サマーフェスタ2016」

地域に開かれたイベントとして開催

8men03梅雨の合間の晴れ渡った7 月18 日、石川教区金沢家庭教会は献堂1 周年を記念し、地域にも開かれたイベントとして「サマーフェスタ2016」を開催、地元有識者や新規氏族・再復帰のゲストを含む約450 人が集まりました。

第1 部のエンターテイメントでは、感動的な青年メンバーのコーラスが聴衆の涙を誘い、子供たちのダンスは全体に希望と夢を与えました。

8men02第2 部では、今年5 月に聖和した李炯燮前第7 地区長のご夫人、江草美和子夫人から届いたメッセージが紹介。その中で江草夫人は「(李地区長は)金沢家庭教会を中心とする石川教区、第7 地区全体の発展のため地上にいたとき以上に熱い想いで皆様一人ひとりの側にいると思います」と述べました。

また、徳野英治会長の祝賀メッセージを高松八寿夫第7 地区長が代読。「今やこの金沢家庭教会は、全国でもトップクラスのすばらしい教会聖殿となりました」とした上で、地元メンバーに対し「堂々と誇りをもって自らの氏族、知人、友人、そしてVIP 達をこの金沢家庭教会へ連結し、神氏族メシヤの使命の勝利者になってください」と激励の言葉を贈りました。

8men01来賓からの祝辞に続いて、鴨野守広報局長が記念メッセージで、「金沢家庭教会こそが、石川の霊的・倫理的な基準を決定するのです。その自覚と覚悟をもって地域の人々の希望となり、模範となる家庭をつくってください」と語りました。

抽選会が和やかな雰囲気で行われた後、石川教区壮年部長の音頭で力強く全体で億萬歳四唱を捧げました。

午後は、教会前に焼きそばやかき氷、綿菓子、ヨーヨー釣りなどの露店を出店。家庭連合時代にふさわしく、教会員たちは地域の人々と共に家族で楽しい一時を過ごしました。

今回のイベントには、再復帰の婦人などのほか、子供や孫と一緒に参加したメンバーも多く、「このような献堂記念式なら、来年は堂々と子供や兄弟に声をかけられる」といった声が上がっていました。