南東京でファミリーフェスティバル

10men027 月23 日、南東京教区主催の「ファミリーフェスティバル2016」が孝成家庭教会(川崎市)で開催され、新規・再復帰のゲスト18 人を含む73 人が参加しました。

平和大使協議会中央会の小笠原員利(かずとし)講師の「結婚、家族、幸福について考える」がテーマの講話と、毎回恒例の家族紹介は参加者の心をつかみ、「祝福についてのマイナスイメージが払拭された」「結婚は自分の為にも必要だと分かった」「『祝福結婚で幸せになった』という既成家庭の家族紹介を聴いて、自分も祝福結婚を考えてみたくなった」など、今後祝福に向かっていく参加者の気持ちを後押しする形となりました。

南東京では、9 月19 日に都内のホテルで祝福式を行う予定で、神氏族メシヤ430 双勝利に向けて多くの教会員が氏族や夫復帰の為に活用できるステージを準備しながら取り組んでいます。今回のファミリーフェスティバルを切っ掛けにして、次の祝福式の成功につなげ、今後もさらに祝福伝道を推進していく方針です。