滋賀、大分で「親セミナー」開催

12men027 月30 日、滋賀家庭教会に多田聰夫・本部家庭教育部長を迎え、「第2 回滋賀教区 親セミナー」が開催され、参加者80 人が親としての在り方と成長について熱心に学びました。

多田部長は第一講の「家庭時代への意識改革」の講義の中で、他の教会の証しを交えながら、家庭連合時代になった今、私たちの姿勢が個人から家庭へシフトしなければならない時であることを強調。参加者は大いに刺激を受けました。

12men02bまた多田部長は、このほど発表された青年祝福候補者に対する教育制度の改定についても解説。参加者は、子女たちを祝福に導くベースとなる家庭教育の実践について学びを深め、親としての責任を果たしていくことを決意する場となりました。

同31 日、大分教区でも「良き親になる為のセミナー」が開催され、100 人を超える父母が参加しました。