教会発展と開かれた礼拝づくりに寄与

大阪で第7回西日本聖歌隊コンクール開催

9 月24 日、大阪家庭教会(大阪市)で「第7回西日本聖歌隊コンクール」(主催・広報局文化部)が開催され、熱気溢れる発表の場となりました。

このコンクールは、教会の発展と聖歌隊の育成、そして聖歌隊文化の定着を願って企画。2008 年から定例行事となり、西日本では今回で7 回目となりました。

5men01今回は、西日本を代表する10 組の聖歌隊(岸和田、和歌山北、姫路、藤井寺、金沢、堺、熊本、大阪、鈴鹿の各家庭教会と吹田・新大阪・水都・豊中の4 家庭教会合同チーム ※エントリー順)が参加し、どの聖歌隊も個性豊かな素晴らしい発表を行いました。

はじめに、本部広報局の猪熊広美文化部長が主催者挨拶を行い、「真のお母様が意識される新しい心情文化世界を表現する聖歌隊として、常に孝情の心で讃美することが重要です。コンクールの結果以上に、聖歌隊としての役割を再確認し、今後はさらに教会の発展と伝道の活性化に貢献できる活動を展開してください」と激励しました。

各聖歌隊は、課題曲として成約聖歌から任意で選んだ1 曲を無伴奏で讃美した後、自由曲を発表。審査では、ハーモニー、美声、表現力、一体感、声量などの音楽性のみならず、事前に報告された日頃の礼拝貢献度も審査対象となりました。

厳正な審査の結果、第1 位は第9 地区東大阪教区藤井寺家庭教会の「エコーグレイス」(課題曲:聖歌51番「険しき試練の」、自由曲:心の瞳)、第2 位は第13地区熊本教区熊本家庭教会の「コールエスペランサ」(課題曲:聖歌11 番「成和青年歌」、自由曲:思慕曲)、第3 位は第7 地区石川教区金沢家庭教会の「Polarstar Kanazawa」(課題曲:聖歌63 番「山に育む」、自由曲:ヒカリ)そして奨励賞として第9 地区南大阪教区大阪庭教会の「大阪家族聖歌隊ドリームホープ」(課題曲:聖歌42 番「神ともにいまして」、自由曲: Amazing Grace)が選ばれました。

今後も、聖歌隊文化のさらなる拡大を通して、伝道の運勢を巻き起こし、教会の発展と開かれた礼拝づくりに寄与していく方針です。聖歌隊の歌声が全国の教会に響きわたり、神霊に満たされた礼拝が広がっていくことが期待されます。

審査結果
第1位 エコーグレイス(東大阪・藤井寺家庭教会)
第2位 コールエスペランサ(熊本・熊本家庭教会)
第3位 Polarstar Kanazawa(石川・金沢家庭教会)
奨励賞 大阪家族聖歌隊ドリームホープ(南大阪・大阪家庭教会)