天の父母様の計画に沿って生きよう

名古屋で「中部韓国人食口特別集会」

9men0110 月15 日、李海玉・全国祝福家庭総連合会総会長夫人をお迎えし、名古屋市の守山修練所で「中部韓国人食口特別集会」が開かれ、第6、7、8 地区の韓国人食口およそ110 人が参加しました。

第1部の特別集会は、真のお父様聖和4 周年の記念映像の上映、花束贈呈、小藤田喜文第8 地区長の挨拶の後、「使命」という映像が上映されました。

9men02続いて李海玉夫人が登壇、メッセージを語りました。まず「私たちがこの場に集まったのは偶然ではありません。天の父母様の計画の中で出会ったのです」と指摘。「日本に住む韓国食口たちは元気にしていますか?」という真のお母様のみ言を紹介しながら、お母様の心情世界を伝えました。

また、「皆さんと家族の情を分かち合うために来ました。天が下さった創造の本性を育てていく人生と、お互い愛し合いなさいというみ言を成すために努力しましょう」と強調。「天は過去については聞かれません。今日からが新しい出発です。人生は計画通りにはいかないものです。天の父母様の計画通りに生きていきましょう」と呼び掛けました。

9men03第2 部では、李海玉夫人をはじめ6000 双家庭の祝福記念日を祝賀するケーキカットに続き、「ビビンバ・パフォーマンス」が行われました。大きな器に準備された材料を李海玉夫人と牧会者が大きなしゃもじでかき混ぜてビビンバを作り、それを各テーブルに分配してそれぞれのテーブルに準備された材料と合わせた上で、全員で分け合って食べるというもので、「ウリヌン・ハナダ(私たちは一つ)」の精神を味わうひと時となりました。

9men04食事を終え、金允坤南愛知教区長が二世祝福の説明会を実施。その後は、エンターテイメントと和動交流、プレゼント抽選会を行い、参加者は楽しい時間を過ごしました。

最後は鄭光根東愛知教区長の億万歳三唱で特別集会は終了。み言の恩恵と共に大きな愛に包まれながら、参加者同士が心情関係を深める貴重な機会となりました。