李海玉夫人を招いて「韓日・日韓家庭集会」―千葉

11men0111 月26 日、李海玉・全国祝福家庭総連合会総会長夫人を南千葉教区千葉西家庭教会にお迎えし、「第14 地区韓日・日韓家庭集会」が開かれ、教会から足が遠のいていた再復帰メンバー9 人を含む約70 人が参加しました。

午前は、李海玉夫人がおよそ1 時間半にわたって次のようなメッセージを語りました。

11men02「私たちには天の父母様に似た創造本性があります。それを表わすために信仰生活をするのですが、“行い”が伴わない信仰は死んだものと同じです。原理を知っているのに実践をしない。理想家庭を目指して祝福を受けたのに全くその姿勢が見られず、この世の夫婦の方がましというのであれば、これは死んだ信仰です」

「家庭連合時代において、私たちは幸せにならなければなりません。天の父母様の一番の願いとは、ご自分の子女が幸せになることです。そのために私たちは、見つめるべきところを見つめる必要があります。天の父母様と真の父母様を見つめながら歩むときに初めて、私たちは真の平和を手に入れることができるのです」

午後からは和動会が行われ、李海玉夫人自らが踊りの先頭に立ち、全体の心が一つになる貴重な交流の場となりました。