「世界平和青年学生連合総会及び出征式」を挙行

2 月23 日、HJ 天苑の清心国際青少年修練院で「VISION 2020勝利のための世界平和青年学生連合(IAYSP)総会及び出征式」が行われ、JTGC参加者と韓国の学生、圓母平愛グローバル奨学生ら約1700人が集いました。

出征式で真のお母様は、人類始祖の堕落と復帰摂理に触れながら、「(堕落)人間としては限界があります。宗教問題、思想問題、領土問題などは父母を知らないことから起こってきました」と説明。「真の父母を中心として、私たちの夢を成しましょう。そのために皆さんは最高にならなければいけません」と激励されました。

出征式に先立ち、午前の特別講義では、尹鍈鎬総裁秘書室・世界本部副室長、トマス・G・ウォルシュUPF世界会長、文妍娥WFWP世界会長それぞれから、真の父母様の摂理と各機関に対する願いが説明されました。

午後の講義では、IAYSP会長に任命されたロバート・キトル・アジア特命総使がIAYSPの活動として、純潔運動について解説。韓国CARPの文相弼会長、日本CARPの本山勝道会長がそれぞれ、CARPの社会貢献活動の事例を紹介しました。

祝賀公演では、5組のグループがジャグリングをはじめ、歌やダンスを披露し、会場は大盛り上がりとなりました。