「孝情文化の集い」に570 人―堺西家庭教会

6月4日、南大阪教区堺西家庭教会で「孝情文化の集い in 堺西」が開催され、新規ゲストや教育段階のメンバーなど330人を含むおよそ570人が参加しました。新規ゲストが知人を4人連れてきたり、自らのライフワークであるボランティア活動から関係者14人を動員した参加者もいました。「子供が太鼓を持って踊るから見に来て!」と祖父母や親戚総勢10人を動員した婦人もいました。

集いでは、「天父報恩鼓」を堺西家庭教会の文化と青少年教育の重要なアイテムとして飛躍させる願いを込め、その演舞6曲をメインとして、コーラスや歌などを披露。小学生から大人までの50人が一緒に演舞をするエンディングは圧巻でした。

また朱鎮台第8地区長が「霊人体の健康」をテーマに基調講演。地元の国会議員も最後まで講演を聴いていました。