大阪同胞家庭教会が国際色豊かなフェスティバル開催

6月24日、南大阪教区大阪同胞家庭教会は「第4回グローバル・ファミリー・フェスティバル(GFF)」を大阪市内のホールで開催し、新規300人、再復帰35 人、在日同胞105人を含む、総勢850人が参加しました。

このイベントは、「世界の食口が集うお祭り」というコンセプトで、在関西の総領事館等を渉外して、各国の文化を紹介してもらいながら交流し、最終的には真の父母様を証していくことを目的にしています。今回は9カ国の関係者が参加しました。

フィナーレでは、韓半島の南北統一への祈りを込め、朝鮮総連系の歌手と韓国民団系の歌手に先導してもらいながら、出演者・来賓・会場が一体となって歌い踊り、隣同士でハグをしながら和合統一を願いました。