高知教区でファミリー礼拝

高知教区は8月6日、高知市内の会場でファミリー礼拝を行い、新規45人、再復帰6人を含めて490人が集まりました。

二世4姉妹の歌と青年部のダンス、天一国青年宣教師の活動報告、来賓の挨拶に続き、石尾豪志教区長が「神の愛は父母の愛」というタイトルで説教を行いました。

礼拝後は、参加者全員にみ言のメッセージを入れた飲み物をプレゼント。台風が近づいていましたが、雨が降る前に無事に全てのプログラムを終了することができました。