大阪で「孝情ファミリーフェスティバル」を開催【速報版】

11月21午後、内閣府が推進する「家族の日」制定10周年を記念し、大阪府門真市内の会場で「孝情ファミリーフェスティバル in OSAKA」(主催・同フェスティバル実行委員会)が開催され、青年・学生1500人のほか、新規・再復帰のゲスト3800人を含む約1万2500人が参加しました。今年5月に行われた東京大会、10月に行われた神奈川大会、そして11月16日に行われた愛知大会に続き、全国で4番目の1万名大会となりました。

大会は、本式典に先立ち、約20分にわたって讃美役事が行われ、大阪の地で歩んだ先人・先祖たちを誇り称えると共に、苦痛を味わってきた多くの人々の思いを解放していきました。

続いて、「祈りと奉仕」と題する映像を通じて、1360日間にわたって大阪の地域のために祈りを捧げながら、ボランティア活動などを通して地域に貢献してきた大阪の教会員のこれまでの精誠を紹介した後、親・子・孫の3世代で構成された合唱団「ファミリークワイア TOMOSHIBI」が家庭連合の愛唱歌「母なる祖国(くに)に祝福あれ」を4部合唱で感動的に披露しました。

引き続き、同フェスティバル実行委員会共同委員長の徳野英治会長が主催者挨拶を行い、「(地球環境問題や家庭崩壊等の)世界の難問題を解決するため、世界の希望の中心として文鮮明総裁によって1954年に創設されたのが統一運動です。統一運動こそが人類の新たな希望です」と強調。そのうえで、「人類の真の母、天の独り娘であられる韓鶴子総裁はきょう、日本に対する天の願い、特にアジアと世界において日本の果たすべき責任と使命を、大阪府民1万名の皆様の前ではっきりとお示し下さることと思います」と語りました。

来賓挨拶などに続き、戦後から現在に至るまでの大阪発展の歩みを紹介する映像をバックに「河内音頭」が披露された後、「ファミリークワイア TOMOSHIBI」が「わたしのありがとう」など2曲を清らかな歌声で歌い上げました。

青年によるダンスに続いて、青年男女2人が神様のため世界のために歩んできた両親について感動的な証しを行った後、140人の青年・学生が登場して「孝情をもって世の光となります。私たちの手で、必ず希望の時代を築いていきます」と決意表明。最後に「無条件」の歌とダンスで孝情文化を表現しました。

韓鶴子総裁のみ言に先立ち、文善進世界会長が登壇。韓総裁について「亡き父とともに、私の母は不動なる平和のチャンピオンです。私は心の奥底から、母が現代の偉大なお手本、人類と被造世界の解放者、純潔と善、絶対愛の実体だと確信しています」と語り、「万雷の拍手で、韓鶴子博士、私の愛する母、私たちの愛する真のお母様をお迎えしましょう」と会場に呼び掛けられました。

盛大な拍手に迎えられた韓総裁は、約26分間にわたってみ言を語られました。

その中で韓総裁は、神様による天地万物の創造、人間始祖の堕落、蕩減復帰摂理の概要を説明された上で、「なぜ真の父母(文鮮明・韓鶴子総裁ご夫妻)が必要なのでしょうか。堕落した人間としては神様の前に立って行くことができません。彼らには誤った先祖の蕩減が残されているからです。真の父母によって再び生まれ変わるその位置に立たずしては、神様の前に立つことはできません。それが家庭連合で教える祝福結婚式なのです」と述べられました。

さらに、韓総裁は「待ちに待った真の父母が顕れましたが、74億人類はまだそれに気づかずにいるのです。先を行く者、先に知った者、先に祝福を受けた者が、共に祝福を分かち合う責任を果たさなければなりません。それこそ皆さん祝福家庭が果たすべき、氏族メシヤの責任なのです」と強調。「だから私はきょう、誇り高き“神”大阪になってほしいと願うのです。『新しい』の“新”の字ではなく、神様に侍る“神”大阪です。そのために、責任を全て果たす覚悟はできていますか」と語り、参加者を激励されました。

続いて、副実行委員長の朱鎭台第8地区長の先導で億万歳四唱を行い、会場全体が感謝の拍手を送る中、韓総裁が参加者に手を振りながら退場されました。

引き続き、「模範家庭」に選ばれた8家庭が映像で紹介され、「地域奉仕家庭賞」「家族三世代孝情家庭賞」「多文化国際家庭賞」「多子女家庭賞」(各賞2家庭ずつ)の功労牌がそれぞれ授与されました。

フィナーレでは、参加者が手を取り合い、会場全体で「世界がひとつになるまで」を力強く歌い、すべてのプログラムは終了しました。