全国11か所の「青年・学生大会」に7500 人が結集

新しいビジョンを掲げ、若者が一つに

 「皆さんが行く場所で皆さんは何になりますか。光となるのです。皆さんが暗闇の世界を明るく照らすのです

 青年指導者育成のための「天宙平和士官学校(Universal Peace Academy)」入学式で、韓鶴子総裁はこう語られました。
 「New Vision 青年・学生大会」は、天一国創建の主人となり、国内外で「光」となって活躍してほしいという韓鶴子総裁の願いを若者に伝え、「Vision 2020」に向け新しい出発をするために、6 月29 日の9 地区大会を皮切りに全国13 地区のうち11 地区で開催、合計7500 人が参加しました。

 全国各地で開催された大会では、まず高校生や大学生、青年による伝道と海外宣教、奉仕活動の体験と証を通じて、「ために生きる」実践の尊さを学んだ上で、今後、青年が取り組むべき「3 つのビジョンと方針」を発表。
 これらを踏まえ、宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長や徳野英治会長らが、基調講演を行いました。

 宋龍天総会長は「もしこの大会に真の父母様(文鮮明師ご夫妻)がいらっしゃったならば、『皆さんのことを本当に誇りに思います』とおっしゃることを私は確信しています。皆さん、どうか夢と志を持ってください。真のお母様(韓鶴子総裁)は『世界に行きなさい。世界について理解し、新しい気持ちを持って日本に戻ってきなさい』と語られたのです。皆さん一人一人が日本の指導者になり、さらには世界の指導者、グローバル・リーダーになってください」と、力強いメッセージを語りました。

 徳野英治会長は、「Boys, be ambitiousin Christ !」という言葉を挙げ、神様の願いのもとで夢を持つことの重要性を強調。さらに、純潔を守り幸せな祝福結婚、世界で活躍するための語学学習、勉強して大学を卒業すること、健康管理の重要性など、青年に対する願いを7 点にまとめて述べました。

 エンターテインメントでは、日頃、練習を重ねてきた歌やダンスなど、趣向を凝らしたプログラムを披露。青年・学生が持つ若さとエネルギーが爆発し、会場は熱気に包まれました。参加者は天の父母様の願いを心に刻み、ビジョン2020 勝利に向けて、決意を新たにしました。