初詣「早稲田・高田馬場聖所巡礼」に250人が参加

若き日の真のお父様の足跡と心情世界を探して

高田馬場駅前ロータリーに集まった参加者

 2015年元旦、「初詣 早稲田・高田馬場聖所巡礼」(主催・歴史編纂委員会、同巡礼の会)が開催され、雪の舞う寒い天候にもかかわらず、約250人の教会員たちが集まりました。2011年から毎年恒例となっている元旦の聖所巡礼。1965年10月、ご来日中の真のお父様が「早稲田の戸塚町を高田馬場から歩いてほしい」とこの聖所巡礼についてご指導されてから丁度50周年を迎えることから、今回は特に「ご来日50周年」および「聖所巡礼のみ言50周年」を記念して行われ、参加者一同、新年への新たな希望と50周年への意義深さを同時に深く実感する巡礼となりました。

 「三橋家」の説明を行う歴史編纂部の井口康雄部長午前10時、参加者は東京都新宿区の高田馬場駅前ロータリーに集合。最初に主催者である歴史編纂部の井口康雄部長が巡礼の概要を説明した後、宋幸哲・第6地区南北統一担当部長、日本統一教会で最も早く伝道された早稲田・高田馬聖所巡礼の会の増田勝会長、各巡礼スポットの解説を担当するガイドのメンバーが、それぞれ挨拶をしました。全員で記念撮影をした後、例年のように午前11時11分11秒に巡礼をスタート。この日は天暦11月11日にあたり、1(いい)が13個も重なるとても縁起の良い日でもありました。

 今回の巡礼では、参加者が所属地区ごとに5班に分かれ、①雄鶏舎跡、②旧戸塚警察署、③三橋家、④早稲田大学「大隈講堂」前で説明を受ける参加者大西門・高田早苗像、⑤大隈講堂前――の順に聖所を訪れました。また各聖所には6人のガイドが常駐し、巡礼者のために分かりやすく恩恵深い解説と、効率的な巡礼ができるよう配慮が施されていました。

 今回の聖所巡礼の特徴として、例年のように家族そろって新年を迎える恒例行事としての参加はもちろん、初めて巡礼に参加したという人たちも多くいました。また、中には真のお父様の生涯に関する書籍を読み、自ら興味を持って参加したという一般の方もいるなど、回を重ねるごとに聖所巡礼に対する関心が高まりを見せていることがうかがわれました。

日本統一教会出発の地「雄鶏舎跡」の説明をする増田勝「巡礼の会」会長(中央) 巡礼に参加した平和大使の男性(75歳)は、「早稲田通りに沿って歩いていると、文先生がこの地に込められた(神のみ旨成就に対する切実な)思いが自分の足から伝わってきて、涙が溢れてきました」と感想を述べていました。