青森教区で「2015 天地人真の父母天宙既成祝福式」

「これしかない」祝福式に明るい未来見出す

 1月24日午前、主礼に徳野英治日本統一教会会長ご夫妻を迎えし、「青森2015 天地人真の父母天宙既成祝福式」が青森市内の会場で行われ、既成祝福11組と独身祝福116組、合わせて127組の祝福家庭が誕生しました。青森教区では昨年7月以来の外部会場での祝福式となりました。

主礼のメッセージを述べる徳野英治会長 午前11時、祝福式は徳野会長による簡潔で分かりやすい主礼メッセージをもってスタート。その後、聖水儀式、聖婚問答、祝祷、指輪の交換、聖婚宣布と和やかに進み、会場は花が咲きそろう花畑のように彩りも鮮やかな雰囲気でした。

 第2部の午餐会では、バンド演奏、聖歌隊による合唱、スコップ三味線、成和部メンバーによるダンスで大いに盛り上がり、参加者の感想発表の時間では、一人ひとりに働く神様の役事を感じさせられ、出席者の感動を誘いました。
 徳野久江会長夫人と徳野会長からのメッセージの後、徳野会長が参加者一人ひとりに記念品を手渡しました。

 祝賀会で行われたケーキカット今回は、み言をほとんど聞いたことのない参加者が多いという状況でしたが、式典を通して参加者は一様に感動。出席者の誰もが、祝福式に役事される天の父母様を実感させられる恩恵深い式典となりました。

【参加者の感想】
青森教会 Tさん
 朝から夢のような出来事が続いています。今回、親と子がそろって既成祝福を受けることができました。変わらずに投入して下さる区域長さんが一つ一つ私を指導して下さり、引っ張って下さいました。また、遠い所から教育するために来て下さった教区長さんに本当に感謝いたします。

弘前教会 Hさん
 夫婦がこのようにもう一度結婚式を挙げることができて、主人と心新たに、新しい出発ができるような気がしてとてもうれしいです。これから夫をもっと愛していきたいと思います。

上十三教会 Mさん
 立派なこの席に参加できて本当にありがとうございました。昨年9月の末、Sさんに導かれてこの宗教を知りました。息子がまだ独身なので、これしかないと感じています。これからもいろいろな事を学びたいと思います。よろしくお願いします。

八戸教会 Yさん
 1月初め、Hさんがしばらく休んでいた私を訪ねて来て下さった時は、夫が亡くなって2カ月の時でした。再び教会に繋がる事ができるようになり、とても感謝です。これからに明るい希望を感じて生きることができそうです。ありがとうございました。