東大阪・八尾教会献堂式に225人が参加

愛国・救国の「真の家庭運動」で平和世界実現を

 1月11日午後、大阪府八尾市内で、東大阪教区の「八尾教会献堂式」が行われ、約230人の教会員が集まりました。

 八尾教会前で徳野英治・日本統一教会会長夫妻らによるテープカットが行われた後、礼拝堂で記念礼拝を挙行。敬拝、家庭盟誓、重野早苗・八尾教会婦人代表の報告祈祷の後、地元有識者の祝辞、松倉慎二・東大阪教区長と朱鎭台・第9地区長による激励の挨拶がありました。

 徳野会長は、「教育の再建」「家庭再建」をテーマに行った説教の中で、「今の日本は、若い世代の自殺や離婚などが深刻な社会問題となっています。文鮮明総裁が教えて下さった真の愛の思想に基づいて現在の日本の教育を見直し、家庭再建を通じた愛国・救国運動を推進しながら、理想家庭を礎とする平和世界を実現しましょう!」と語り、「真の家庭運動」の必要性を強調。八尾教会に対しては「八尾市の人口は約27万人です。この教会に満足することなく、たくさん伝道して、2倍、3倍大きな教会を建てることが出来るよう頑張って下さい」と激励しました。

 挨拶する朱鎭台第9地区長次に、朱鎭台・第9地区長が、教会献堂に貢献した人々に感謝状を授与。徳野会長の祝祷の後、後藤庸介・八尾教会長が「将来、この教会は青年学生の会館にして、教会は2倍、3倍ではなく、10倍、100倍を目指して頑張ります!」と力強く決意表明し、全体で億万歳四唱を行いました。

 第2部では、祝賀のケーキカットに続き、八尾教会の聖歌隊「エイト・プレインズ・クワイヤ」の合唱、親子のギター演奏、韓国婦人の歌と踊りが披露され、最後に徳野会長ご夫妻が、真の父母様のお好きな「ホルロアリラン」を歌い、献堂式は終了しました。

【参加者の感想】
八尾教会の献堂式に集まった参加者 徳野会長のお話は国の事だけでなく、世界を意識していることに感銘を受けました。教育の重要性は以前より考えていたことですので、今後も継続して学ばせて頂きながら、その内容を実際に展開したいと思います。(地元有識者)

 教育問題や家庭問題など、日本社会が抱えている問題の根本は同じであり、私たちが問題解決の先頭に立たなければならないと感じました。また、「この建物で満足してはいけない。八尾市民全員を導く気持ちで頑張りなさい」と激励して下さったので、感謝して歩んでまいります。(50代の女性教会員)