奈良・橿原教会聖殿献堂式、李海玉総会長夫人が記念礼拝

「天に感謝する心で光輝く者となれ」

新しい奈良・橿原教会 1月11日午前、奈良県橿原市内で「橿原教会献堂式」が行われ、教会員約200人が集いました。奈良教区の他の教会にもインターネット中継され、多くの教会員が参加しました。

 第1部は午前10時20分からテープカットが行われ、李海玉・全国祝福家庭総連合会総会長夫人が祝祷を捧げました。
 引き続き、佐々木一成・奈良教区長の司会で始まった第2部の「献堂式記念礼拝」は、天一国の歌の斉唱、敬拝、家庭盟誓、網尾小百合・橿原教会婦人代表の報告祈祷、祝電と続いた後、橿原教会の青年コーラス隊が祝歌として、「君は愛されるために生まれた」と「勝利の日まで」を力強く歌い、場を盛り上げました。

 開拓伝道当時から献堂式に至るまでの歩みをまとめた映像が上映され、金炫鈺・橿原教会長が経過を報告しました。
 次に、功労者の表彰、熊谷栄佐雄・第15地区長の挨拶の後、鴨野守・広報局長が祝辞の中で、奈良女子大学時代にみ言に出合った白尾幸子姉妹が1973年、天の父母様、真の父母様と共に橿原の地を開拓伝道し、その後、海外宣教に取り組んだ証しを紹介すると、会場は感動に包まれました。

 記念説教をする李海玉総会長夫人李海玉総会長夫人は説教の中で、「お会いできて嬉しいです。美しい聖殿(橿原教会)を通じて、天の父母様がどれほど多くの奇跡を見せて下さるかを考えると、夜も眠れないくらいです。私たちに永生を教えて下さり、私たち一人ひとりを愛の眼差しで見つめ、愛し投入して下さった天地人真の父母様に感謝の心を持ちながら、新しい2015年を共に出発し、母の国・日本をけん引する奈良教区、橿原教会の光り輝く皆さんになって下さい」と激励しました。

 金炫鈺教会長が「億万歳四唱」をリードし、全体で記念撮影と「福の飴まき」が行われ、最後に李海玉総会長夫人が参加者全員と握手し、感謝と感動の中で「献堂式記念礼拝」は終了しました。

奈良・橿原教会の「献堂式」に参加した食口たち(1月11日) 第3部の「記念午餐会」では、植村スミ子・奈良教区婦人代表の報告祈祷の後、水本竹治・橿原教会壮年部長の乾杯で歓談の時間が始まりました。終始和やかな雰囲気で会食が進む中、最後に李海玉総会長夫人は挨拶で、「食口たちがとても明るいし、これから橿原教会はモデル的な教会になっていきますね」と祝福し、午餐会は終了しました。