真のお母様「ヨーロッパ統一運動創設50周年」を祝賀し講演

新しい文化革命の時、真実を堂々と明らかにしよう!

 ヨーロッパ宣教50周年を迎え、宣教現場の食口たちを激励されるためにヨーロッパに向かわれた真のお母様は5月9日午後、地元メンバーから大歓迎を受ける中、オーストリアの首都ウィーンに到着されました。

 5月10日午前、ヨーロッパ統一運動創設50周年祝賀会が、真のお母様をお迎えしてウィーンの国際会議場「オーストリア・センター」で開催されました。会場には英国、ドイツ、イタリアなど欧州35カ国から統一運動指導者や平和大使など約2500人が参加。日本からも宋龍天・天宙平和連合(UPF)日本リージョン会長ご夫妻が駆けつけました。

 祝賀会では、欧州における統一運動の歴史を紹介するビデオ上映の後、ホスト国オーストリアのヴェルナー・ファスラベント元国防相が歓迎のあいさつを行い、真の父母様がどれほど世界平和を実現するために貢献して来られたのかを証ししました。

 続いて、文善進・世界平和統一家庭連合世界会長が真のお母様を紹介し、真のお父様に50年以上にわたって直接に侍ってこられた真のお母様の偉大さを強調されました。
 真のお母様は講演の中で、「再臨のメシヤ、真の父母様が顕現して50年の間、驚くべき業績を打ち立てて来られたのに、それが分からないこの大陸のクリスチャンたちの目を覚ましてあげなければなりません」と指摘。ヨーロッパにおいて「新しい文化革命」を起こさなければならない時が来たと訴えながら、現地の統一運動の指導者たちを激励されました。
(真のお母様の講演の全文は、こちらをご覧ください)

 祝賀会に先立ち9日夕、韓国少女舞踊団「リトルエンジェルス」が、オーストリア・センターでヨーロッパ統一運動50周年とオーストリア再独立60周年を祝って歌と舞踊を披露し、会場を埋めた約3000 人の観客を魅了しました。

 真のお母様は、10日のウィーンを皮切りに、14日ドイツ・フランクフルト、16日イギリス・ロンドンで祝賀行事を主管され、11日にはウィーンの国連事務局で特別講演をされました。11日以降の詳しいレポートは、次号(第55号)に掲載します。