「第33回全日本聖和祝祭」を開催

“孝”の精神を相続し、神氏族メシヤを勝利しよう!

 5月24日、新緑がまぶしい群馬県片品村の尾瀬霊園において、聖和(死去)した祝福家庭・統一教会員に敬意と感謝を捧げる「第33回全日本聖和祝祭」が執り行われ、聖和者家庭(遺族)を始め、教会本部関係者や地元食口など日本全国から約2000人が集まりました。式典は、本郷殿(静岡県)、中日本霊園(三重県)、大阪平和霊園、高知霊園、九州霊園(福岡県)で並行して行われ、全国の教会でもインターネット中継を通じ、多くの教会員が式典に参加しました。

 人間の「死」とは、肉身を脱ぎ捨て、新しい世界(霊界)へと出発する旅立ちの時であることから、統一教会では「死」を「聖和」として尊重。毎年この時期に「聖和祝祭」を開催し、家族やゆかりの人が集まって故人を偲んでいます。

 午前10時20分から行われた第1部のエンターテインメントでは、南東京教区の成和学生39人が、“真の父母様の栄光”をテーマに、信仰に基づく賛美の心で踊るダンスを披露。続いて川崎教会の「希苑しらゆり鮮鶴合唱団」は、「みんなの天一国2014」など3曲を透き通った歌声で歌い上げました。

 第2部の聖和祝祭は、全体で黙祷を捧げた後、代表報告祈祷、主礼の徳野英治・日本統一教会会長ご夫妻による献花が行われました。
 戸丸廣安・尾瀬霊園園長が、尾瀬霊園の足跡や年間入園者数などを報告。「今後も全国の霊園の充実と拡充に努めていきたい」と意気込みを語りました。

 続いて、徳野会長は説教で、聖和者への慰労と感謝の言葉を述べた上で、宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長から寄せられたメッセージを紹介しながら、「6000年ぶりに天の蕩減復帰摂理を完成完結完了されたのが真の父母様です」と強調。
 「2012年9月3日、真のお父様が聖和されてからは、真のお母様が天一国実現のみ旨を相続され、先頭をきって苦労をしておられます。核兵器廃絶の問題や過激派組織によるテロ事件、家庭崩壊など全ての問題は、神様と真の父母様、真理のみ言を受け入れなければ解決の道がありません」と訴えました。

 最後に、徳野会長は「私たち祝福家庭は、霊界の文孝進様と文興進様、地上では真のお母様の相対圏に立たれ、真の父母様を支えておられる文善進世界会長の“孝”の精神を相続し、神氏族メシヤの勝利に向けて、決意して再出発しましょう!」と呼び掛けました。

 昨年霊界に旅立った聖和者の家族による献花と全体祈祷の後、聖和者家庭を代表して横井勉・尾瀬聖和家庭会理事長が「真の父母様の願いを実現できるよう、今日を新たな出発点として、天の期待に応えてまいります」と語りました。
 式典は、徳野会長の祝祷の後、上條啓介・第4地区長の億万歳四唱をもって閉会しました。