第53回「真の万物の日」敬礼式を挙行

“すべての食口、祝福家庭は生涯伝道師”

 第53回「真の万物の日」の敬礼式が、6月16日(天一国3年天暦5月1日)午前7時から、東京・渋谷の教会本部礼拝堂において行われ、先輩家庭をはじめ多くの教会員が集まりました。

 矢野治佳総務局長の司会で始まった式典は、主礼の徳野英治・日本統一教会会長による聖燭点火、敬拝、家庭盟誓唱和の後、佐野邦雄家庭教育局長が参加者を代表して報告祈祷を捧げました。
 ケーキカットの後、李海玉・全国祝福家庭総連合会総会長夫人が、「『真の万物の日』は真の父母様によってはじめて定められました。万物に国境がないように、全ての食口が心の障壁をなくし、天地人真の父母様の愛を育てて下さいますようお祈りします」と激励のメッセージを語りました。

 「真の万物の日」の意義に関する説明文を全体で訓読した後、徳野会長が記念説教を行いました。
 徳野会長は冒頭で、1963年の「万物の日」制定に至るまでの経緯とその意義について説明した上で、米アリゾナ州ラスベガスで行われた「国際平和教育院(通称ピースパレス)奉献式」(5月28日)と「真のお父様聖和1000日記念礼拝」(5月30日)に言及。「真のお母様は『お父様が今日のこの場に臨在して喜んでおられると思います。お父様の夢の一つであるピースパレスが実現しました』と語られました。お母様の動機と心情はただ一つ、お父様が地上で願われたことを成し遂げて差し上げる。このことにお母様は自らの全生涯を投入しておられるのです。奉献式のテープカットの際、真のお母様は涙の祈祷を捧げられましたが、お父様との深い信頼関係、お母様の心情世界が直に伝わってきました」と語りました。

 また、徳野会長は「お母様は『真の父母を家族と氏族、友人・知人に伝えなさい』と言われました。祝福家庭は『神氏族メシヤ』です。すべての食口、祝福家庭は『生涯伝道師』です。み言を万民に伝えなければなりません。真の父母様に出会い、祝福を受けた恵みに感謝して、信仰生活を歩んでまいりましょう」と呼び掛けました。敬礼式は、全体で感謝の祈祷を捧げた後、堀正一・南東京教区長のリードで億万歳四唱を行い、終了しました。