教会整備の恩恵② 岡山教会

地域に根差し、家庭が幸せになる教会めざして

【伝道とは父母様と共に自分と教会を誇ること】

 岡山教会は開かれた教会作りを目指して取り組んでまいりました。それが2年前に新しい教会の献堂として結実いたしました。地域に根差し、誰でも気軽に来て頂き、家庭が幸せになる教会が目標です。  

 教会の建物は元々結婚式場とカラオケボックスでしたが、1階はいつでも新しい方を歓迎できる癒しの空間として、また2階は荘厳な宗教空間として改装され、岡山の南地区を代表する建物として蘇りました。地元の地図にもランドマークとして掲載されています。

 玄関は水の流れる庭園があり、カフェコーナーにはいつも挽きたてのおいしいコーヒーが準備されていて、礼拝後はほとんどの方が残って楽しく茶話会をしています。素敵な応接室が7つあり、いつでもゲストを迎える事ができます。食口も自信を持って氏族、友人を連れてくるようになりました。悪い噂を聞き反対していた夫が、あまりのイメージの違いに驚き、大きく転換され、また長く離れていた教会員が、新しい教会に来て教会の美しさと生き生きと活動する教会員を見て感動し、再び熱心に通い始めました。 

 教会献堂と共に、特に力を入れてきた事は、教会員の心が解放され、教会員同士の愛の関係がより深くなり、祝福家庭が模範的な幸せな家庭を築くことです。伝道は、真の父母様(文鮮明師ご夫妻)を誇ると共に、自分の家庭を誇り、自分の教会を誇る事であり、時間がかかっても真の実体を作らずして、伝道の勝利も「天一国」完成も無いという信念で全ての活動をすすめています。

 その為に、コーチングやセラピー研修をはじめ、ホームグループ活動、自叙伝書写会、愛天愛人愛国生活指導、夫婦セミナー等を開催しています。また一人の教会員の課題に対し、皆で祈り合い、ゲストに対しても皆で祈って精誠を尽くす事で、劇的な課題解決を数多く経験し、大きな天の役事を日々実感しています。

 また地域の業者の方々や地元で活動している方々との良き交流を心掛けています。いつもサービスして下さる地元業者さんや趣味の会で教えて頂いている先生方、そして統一運動を支援して下さる多くの議員や平和大使の方々が、気軽に教会に来られます。実際来て頂き、教会員と交流し、また統一運動を知れば、初めて来られた方も大きく転換され、「ここは居心地がいいからまた来たい」と言って帰られます。

 毎月行われる「書写奉納式」には、多くの新規の方が参加されるだけでなく、オープニングでは、ピアノ、ギター、箏、太鼓等、地元で活躍する演奏家の方々が、担当して下さっています。初めて教会に来られる方がほとんどで、教会や活動に感動して、友人の演奏家を紹介して下さったり、既に2人の方が2日修練会にも参加されました。

 教会が新しい建物になってからは、地域に根差した活動と新しい方々をいつでも招待できる環境が整い、セミナー、講演会だけでなく、コンサート、平和大使懇談会、円卓を並べてのバンケットや、親戚や友人を招いての祝福結婚披露宴や聖和1周年等、様々な場面、用途に大きく活用されています。

 今後益々、地域から必要とされ、家庭、氏族に御言と祝福が定着できるよう、「ビジョン2020」に向かって、教会活動、地域活動に邁進してまいりたいと教会員一同決意しています。