「国際祝福家庭の集い」に630人が参加

“すべての栄光は真の父母様へ”

 文妍娥様をお迎えして、「国際祝福家庭の集い」が8月15日、東京・高田馬場の新宿教会で開催され、約630人が参加しました。

 第一部のエンターテインメントは、東京同胞教会の許満亮教会長の司会で始まり、日本・フィリピン家庭が文孝進様の歌「ハンマディ(ひとこと)」を、三重教区の可愛い二世の小学生30人の「混合合唱団ムジゲ」が美しい歌声を披露。また、国際家庭の二世メンバーが、ヒップホップダンスで会場を盛り上げました。

 さらに、日韓家庭の男女混声合唱団「セチョンジ」による「紫の無窮花」「ベンノレ」の合唱に続き、コンゴ・日本家庭と日韓家庭の二世がそれぞれ、讃美歌「アヴェ・マリア」とフルート演奏を披露。最後は、韓国婦人が華麗にフラダンスを踊り、会場全体が楽しい時間を過ごしました。

 第二部では、まず徳野英治・日本統一教会会長が挨拶。真のお父様が文孝進様の手を取って、「孝進! お前は本当にいい嫁(妍娥様)をもらったんだね。こんなにいい嫁をもらったお前は、本当に幸せな男だよ」とおっしゃるのを直接聞いたと語りながら、文妍娥様を証ししました。

 次に、李海玉・全国祝福家庭総連合会総会長夫人が「長子の嫁として、とても大きな責任と任務をよく果たしておられます。妍娥様は本が好きで、いつも勉強をして、自己啓発を怠らない方です。そんな妍娥様を尊敬しています」と語りました。

 主賓のメッセージで文妍娥様は、“孝”の生涯を送られた文孝進様のみ言「人は自分の限界を知らなければならない。私は過ぎていく人であり、すべての栄光は真の父母様にお返ししなければならない。いつも天の父母様、真の父母様がいらっしゃることを忘れてはならない」を紹介しながら、“孝”とは何なのかについて語られました。

 その上で、「死ぬときも一緒に死に、生きても一緒に生きていきましょう。私達は食口だから、家族だから…」と涙ながらに真情を吐露。「金婚式を超えるほど長い歳月をお父様と共に歩んでこられたお母様が、どれほどお父様の成そうとされたみ旨である『天一国』を完成して差し上げたいでしょうか。どれほど私達を愛され、『天の父母様の国をつくっておいてこそ、子供達が保護される』と必死になっておられるでしょうか」と語り、真のお母様のご事情と深い愛について証しされました。

 最後の景品抽選会では、文妍娥様も抽選に加わられ、参加者は歓喜を上げながら楽しいひと時を過ごしました。

文妍娥様のメッセージ(要約)