「第7回 全国成和学生原理講義大会」開催

13men01-resize  「第7 回全国成和学生原理講義大会」が11 月29 日、東京・渋谷の松濤本部で開催されました。今大会では、「第19 回全国中和文化祭」の東・西日本大会のチャート原理講義部門で優勝した中学生による模範講義の発表と、原理講義部門の上位3位入賞者による決勝大会が行われ、大会の模様はインターネットを通じて全国の教会へ中継されました。

 今年で7 回目を迎えた原理講義大会は、成和学生(中高生)が原理講義に挑戦することを通して、統一原理に対する理解を深め、分かり易く原理の内容を伝える力を養うこと、さらに講義実践を通して原理を学ぶことの重要性と学習意欲を高めることを目的としています。

 全国各地から集まった発表者たちは、まず食事を共にしながら自己紹介を通じて交流。リハーサルを行って発表本番に向けた準備をしました。

 開会式では、審査員の一人である日座正美一心特別教育院院長より激励の挨拶がありました。次に、模範講義として東西大会優勝者の中学生2 人がチャート原理講義を発表。与えられた7 分間で、写真や図を挿入して工夫を凝らして作成したパワーポイントを使いながら、元気よく堂々と講義をする姿が印象的でした。

 その後、東西大会で上位3 位に入賞した6 人による原理講義の発表が行われました。発表者は制限時間の10 分間で、それぞれの個性を発揮した素晴らしい講義を行いました。どの発表者も、統一原理の内容を正しく理解し主要なテーマや要点を整理して、分かり易い例え話で聞き手の関心を引きながら原理の理解を深めさせる講義を行いました。

 講義の発表後、審査員を代表して西山君義・千葉中央修練所講師による講評と発表者一人ひとりに対するアドバイスがありました。また、特別出演として、スピーチ部門における東日本大会優勝者が発表を行った後、東日本大会で語られた文妍娥様のメッセージを全体で視聴しました。

13men03-resize   閉会式では、伊藤安昭青年学生局成和学生部長による総評と表彰が行われました。優勝者にはトロフィーとJr. STF 海外修錬会への参加優先権が与えられ、上位3 位入賞者には盾が授与。発表者全員に『文鮮明先生のみ言に学ぶ統一原理』前・後編がプレゼントされた後、横川洋介第5 地区代表成和学生部長のリードで億万歳四唱を行い、大会は終了しました。

 今回の原理講義大会をもって、9 月から11 月にかけて地区大会、東・西日本大会、全国大会と続いてきた2015 年度の中和文化祭が幕を閉じました。