写真で見る後藤裁判、勝利までの道のり

【2009年】

信教の自由を求める祈りの集会

信教の自由を求める祈りの集会

2009 年7 月、「信教の自由を求める祈りの集会」が東京・日比谷野外音楽堂で開催。世界中で宗教弾圧に苦しむ宗教者のために祈りが捧げられ、日本における拉致監禁根絶に向けた内的スタートとなりました。

 

フォントロイ師と後藤氏

フォントロイ師と後藤氏

2009 年8 月と9 月、後藤さんは日本における拉致監禁問題の実態を訴えるため渡米。キング牧師の側近だったフォントロイ元下院議員(左から2 人目)や国務省担当者に問題解決のための協力を要請しました。

 

文鮮明師ご夫妻と後藤氏

文鮮明師ご夫妻と後藤氏

文鮮明師は「そのような大変な迫害の中でも信仰を立てた人たちがいるから、教会はそういう人たちによって発展してきたんだね」と語られました。(2009 年11 月23 日、天正宮博物館)

 

【2010年】

「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」結成大会

「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」結成大会

2010 年1 月、「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」が発足し、後藤徹さんが代表に就任しました。

 

国連欧州本部でサイドイベント

国連欧州本部でサイドイベント

2010 年6 月、国連人権理事会第14 会期に合わせ、国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)で日本の拉致監禁問題を訴えるサイドイベントを開催しました。

 

欧州から人権専門家が来日

欧州から人権専門家が来日

2010 年8 月、欧州から著名な人権専門家を含む平和大使約30 人が来日。信教の自由と人権を考えるシンポジウムなどが行われました。

 

韓国から国会議員などが来日(記者会見)

韓国から国会議員などが来日(記者会見)

2010 年11 月末から12 月初め、韓国から現職国会議員や宗教指導者など20 数人が来日。実態調査を踏まえ、都内のホテルで記者会見を行って問題解決を訴えました。

 

抗議デモ

抗議デモ

2010 年12 月、拉致監禁の根絶を訴える全国一斉デモが行われ、約2 万1 千人が参加。東京では国会周辺に3,000人が集まりました。

 

【2011年】

マレーシアから国会議員団が来日

マレーシアから国会議員団が来日

2011 年2 月、マレーシアから国会議員団約30 人が来日し、被害者からの直接証言を聞き、日本政府に対する要望書に署名しました。

 

【2012年】

信教の自由・人権問題検討会

信教の自由・人権問題検討会

2012年7月、東京都議会で行われた「信教の自由・人権問題検討会」。都議会議員6 人に事件の解決を求めました。

 

【関連記事】

東京地裁で、画期的な勝訴判決 “脱会改宗屋”に初の損害賠償命令