「南長野教区天運相続特別1DAY セミナー」を開催

特別1Dayセミナーと特別還元祈願礼式で“天運相続” 

 4 月29 日、長野県松本市内の会場で「南長野教区天運相続特別1DAY セミナー」が開催されました。大母(テモ)様が南長野教区に来られたのは8 年ぶりということもあり、この日は教区内の5 つの教会から、新規メンバー110 人を含む約1200 人が来場しました。

 第1 部で恩恵あふれる“讃美役事”を行ったあと、第2 部では南炅卓(ナム ギョンタク)地区長の挨拶、徳野英治会長のメッセージに続いて、興進(フンジン)様・大母様がメッセージを語られました。

 その中で、大母様は「皆さんが多くの人を伝道することを通して、病気や苦痛から人々を解放してあげて下さい。寝ている時間はありません。皆さんが勤勉に精誠を尽くして伝道をたくさんすれば、来年もまた来ると約束します」と激励。
 最後に「真の父母様(文鮮明師ご夫妻)の前に孝子孝女の道理を果たす皆さんとなるように、これからも悪い霊的問題を整理して協助します。そして愛で授受作用できる関係を重要視して下さい」と語られました。

 セミナーは、大母様から受けた愛と天運に参加者全員が心から感謝しながら、趙鎭燮(チョウ チンソプ)教区長の力強い決意の億万歳で閉会しました。
 翌4 月30 日は、1 年5 か月ぶりに大母様を長野市内の会場にお迎えし、「第4 地区天運相続・特別還元祈願礼式」が開催され、北長野、群馬、新潟各教区から約2400 人が集まりました。

 前回の北長野大会以降に伝道されたメンバー約230 人が参加しましたが、そのうちの半数は清平に行ったことがなく、大母様にお会いするのは今回が初めてでした。
 第1 部では讃美役事と李命官先生の講義。第2 部では、南炅卓地区長の挨拶、徳野英治会長のメッセージに続いて、興進様・大母様がメッセージを下さったあと、祈願書奉納式と所願成就の祈祷が行われました。式典は、最後に申大燮(シン テェソップ)教区長の力強い決意の億万歳で閉会しました。

 ある参加者は「今回は主人の両親を連れて大会に行くことができ、一番前の席に座らせて頂く恩恵にあずかりました。祈願書を通じて導かれ、最近勉強を始めたばかりの主人の両親は、私が役事の話をするとビックリして『大きな会場に真っ白い服を着た人達がいっぱいいる夢を3 回も見たが、この事だったのか』と喜んで参加してくれました。なぜなら、3 回夢を見た後に、長年苦しんできた膝の痛みが治ったからでした。

 そしてもっと驚いたのは、会場に入って舞台を見ると、夢に出てきた白い塔と全く同じ形の塔があったからでした。父は何も分からないながら、一生懸命に役事をやっていました。これからは、両親の祝福参加を目標に頑張っていきたいと思います」と感想を述べていました。
 このように大会を通して、第4 地区全体が清平役事の天運と祈願書の恩恵をさらに確信することができました。