韓半島の平和統一は世界の紛争解決のモデルに

韓国の地方議員75人を迎え晩餐会

 7月29日夕、一心特別教育院(千葉・浦安)で、「韓国平和大使歓迎晩餐会」が開催され、天宙平和連合(UPF)の招きで韓国から来日した地方議員75人をはじめとする平和大使が参加しました。

 宋龍天・UPF 日本リージョン会長は歓迎の辞で、日本・韓国のUPF は韓半島の南北平和統一のために様々な運動を展開していることを紹介したうえで、統一された韓国を中心として環太平洋平和共同体が建設されれば、世界の他の紛争地域において平和を実現させるためのモデルになると強調。また、文鮮明総裁が提唱された日韓トンネル・国際ハイウェイ構想について触れ、今後もその実現に向けて取り組んでいくと語りました。