千葉・幕張で「提言 JAPAN 2050 ユースフェスティバル」開催

未来を担う若者たちが、2050年の日本が直面するであろう難問題の解決策を考える「提言 JAPAN 2050 ユースフェスティバル」(主催・同実行委員会、共催・世界平和青年学生連合=YSP、後援・世界平和統一家庭連合)が9月9日、千葉・幕張メッセで開催され、首都圏の青年学生およそ1万人が集まりました。

大会実行委員長の松田幸士YSP会長は主催者挨拶で、「危機的状況に立っているこの日本を救うために立ち上がり、歴史的な救国の“のろし”を上げていく大会を一緒につくりあげ、青年学生による新しいムーブメントを起こしてまいりましょう」と呼び掛けました。

来賓による祝辞などのあと、徳野英治・家庭連合会長による紹介を受け、ゲストスピーカーの文妍娥・世界平和女性連合世界会長が登壇。韓鶴子総裁のメッセージを代読したうえで、「『愛と幸せは分け与えれば分け与えるほど大きくなる』という韓総裁のみ言のように、(今大会を通して)共に成長し、新しい日本の未来を共に生きる主役となってください」と語られました。

引き続き、日本と世界が直面すると予想される「2050年問題」に関連し、大学生や新社会人など20代の若者4人がそれぞれ、「地球環境問題」「外国人との共生」「災害ボランティア」「憲法改正」をテーマに具体的な解決策を提言。審査員と会場の参加者によるインターネット投票の結果、グランプリには憲法に家族保護条項を明記することを訴えた私立大の女子学生が、準グランプリには地球温暖化対策を提言した国立大学院生が輝きました。

閉会式では、大会の“目玉”企画の一つの「世界記録」への挑戦結果が発表。会場内に張り出されたふせん(付箋)1万枚余りで作成されたメッセージ「DON’T LOSE YOUR VOICE! WE WILL STAND FOR JAPAN 2050!」が、「ふせんで作った最大の文章」として世界記録を達成したことが報告されると、会場は大きな拍手に包まれました。

続いて、参加者代表の青年男女2人が大会宣言文を読み上げ、「2050年問題」の解決に向けて若者の叡智を結集していく決意を表明。大会のフィナーレでは、青年バンドの演奏とともに大会テーマソング「Love Is Forever」を会場全体が心を一つにして歌い、司会の閉会宣言をもって大会は閉幕しました。