鳥取で6000名大会「希望前進孝情文化フェスティバル2019」開催

9月8日(日)、鳥取県民体育館(鳥取市)において、「鳥取の未来は幸せな家庭から!希望前進孝情文化フェスティバル2019 in 鳥取」が行われ、文姸娥・UPF神韓国議長をはじめ、神日本家庭連合の李成萬、堀正一両副会長、並びに鳥取の地域・社会を代表して国会議員代理や県会議員、町長など54人に及ぶ来賓を含む約6000人が集まり、県人口56万の1.1%が参加する大規模な大会となりました。

午後1時に開場するやいなや、鳥取県全土から集まった人々で席が見る見る埋まっていく中、本大会前のオープニングイベントとして、地元外部団体の民謡や伝統舞踊、壮年の合唱、中高生のダンスのほか、双子のデュオの歌などが披露され、会場を盛り上げました。

続いてHJ天宙天寶修錬苑から李範奭(イ・ポムソク)日本研修局長と高木誠治・日本研修チーム講師を迎えて讃美役事の時間が持たれ、はじめて役事を経験される方々も、みな熱心に参加しました。

次の「真の家庭セレモニー」では、代表の4家庭が登壇し、「真の家庭づくり宣言」を会場の参加者6000人とともに読み上げました。また模範家庭表彰では、実行委員長である金允坤(キム・ユンゴン)鳥取教区長と顧問の県議会議員により、家庭連合の目指す家庭像を実現するための模範となった4家庭(地域奉仕孝情家庭、家族三世代孝情家庭、多文化国際孝情家庭、多子女孝情家庭)が表彰されました。 

引き続き、日韓家庭の祝福二世(鳥取大学3年生)が孝情スピーチを行い、自身の両親は真の父母様によって結ばれ、日韓両国間の“恨”を超えて夫婦が本当に愛し合っていたことを紹介。そして「地域に奉仕してきた両親を心から敬愛しています」と証しました。また、鳥取を愛し、日本を愛した韓国人の母親が数年前に聖和(他界)したときには、たくさんの人々が葬儀に参列してくれたエピソードを話すと、涙を浮かべる参加者も散見されました。

祝辞として、参議院議員のメッセージが代読された後、県会議員が来賓を代表し挨拶。「6000名が集まるという企画を聞いたときは半信半疑でしたが、きょうここに来て本当に6000名が会場に集まったのを見て驚いたとともに、家庭連合とこの運動の勢いを感じました」と統一運動に希望と未来があることを語りました。

続いて、真のお母様(韓鶴子・世界平和統一家庭連合総裁)に代わり今回来日された文姸娥議長による基調講演の時間となりました。真っ赤なロングジャケットをお召しになった文議長が登壇し、笑顔で会釈しながら日本語で挨拶されると、参加者らの歓喜の声と共に拍手が会場全体に鳴り響きました。文議長はメインスピーチも全て日本語で語られ、その綺麗なイントネーションと発音に会場は驚きと感動に包まれました。

文議長は、昨年7月にさいたま市で行われた2万名大会における真のお母様のみ言を代読。「世界で起きている諸問題は、人間の力で(解決するに)は限界に到達しました。宇宙の主人であられる創造主、神様を正しく知り、その主人のみ意に敵うように生きる人類となってこそ、平和世界が可能なのです。天のみ旨を成すためには、真の父母様を中心とした人類一家族、地上天国を成すことが必至であり、代表的な運動として、日本と韓国がひとつになる『韓日海底トンネル』を造り、南北が一つになった上でユーラシアを経て、全世界に向かうことができる『平和高速道路』です」と強調されました。

文議長は今回の鳥取訪問について、「今から27年前の1993年9月に鳥取を訪問された韓総裁の代身として来られたことが大変感動的であり、とても感謝しています」と述べ、鳥取を深く愛しておられる心情を吐露。また「『鳥取』は韓国語で『どんぐり』の意味があり、『どんぐり』は小さいが硬くて芯が強く、まさに鳥取県の県民性に通じるものがあると思います。小さい国、小さい県は全国の模範・モデルになりやすい特性があると思いますので、どうか鳥取県が先頭に立って、全国を導く真の家庭運動のモデル県になってください」と語り、鳥取県民の代表である参加者らを激励されました。

文議長はスピーチを終えると、会場全体と一緒に記念撮影したあと、退場されました。会場から沸き起こった拍手は文議長のお姿が見えなくなっても鳴り止まないほどで、参加者らはこみ上げる感動を禁じえませんでした。

鳥取教区は金允坤(キム・ユンゴン)教区長を中心に、少子化による人口減少などの社会問題の解決を目指し、社会の指導者や地域・社会の有志と一緒に、家庭連合の「真の家庭づくり運動」を推進していくため、本大会を開催。参加者らは共に手を取り合って統一運動に加わり、幸せな家庭づくり、明るい社会の実現に向けて前進していくことを決意しました。