「天地人真の父母様 聖誕記念式」に3万人

人類一家族世界を目指して“平和祝祭”

希望に満ちた天一国6年を迎え、天の父母様の願いである人類一家族世界の実現に向けて決意を新たにして出発する中、全世界から各界の指導者や祝福家庭が韓国・清平に集まり、天地人真の父母様の聖誕と「基元節5周年」を祝賀する記念行事が盛大に行われました。またソウル市内では、様々な分野の専門家が平和世界の建設や地球環境問題の解決に向けた方策を議論する国際会議なども開催されました。

聖誕記念式に3 万人

天一国6年天暦1月6日(陽2018年2月21日)、韓国・清平の清心平和ワールドセンターで「天地人真の父母様聖誕記念式」が開催され、世界各地から現職・元職の国会議員200人や宗教指導者200人のほか、世界90カ国から集まった祝福家庭など約3万人が参加しました。式典の模様は世界194カ国にインターネット中継され、世界中の兄弟姉妹が真のお父様の98歳、真のお母様の75歳の聖誕日を祝賀しました。

記念式は、開会宣言のあと、キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教、家庭連合など超宗教の指導者8人が、真の父母様の聖誕を祝賀する祈りをそれぞれの伝統に基づいて捧げました。

次に、文善進世界会長が歓迎の辞で、「(真の父母様の)生涯は、神様の解放と人類の救援のため、神様の下の人類一家族世界を実現するための公的な人生でした」と強調。真の父母様に向けて、愛と感謝の言葉を贈られました。

記念映像「真の父母様御聖誕、天に対する孝情の光」の上映のあと、真のお母様が入場されました。

花束贈呈、ケーキカットのあと、各大陸の代表が精誠を尽くして準備した礼物を真のお母様に奉呈。続いて、鄭元周総裁秘書室長が「タルレ江の伝説、孝情で咲く」と題する祝詩を感動的に朗読しました。

引き続き、記念祝歌として連合合唱団が「アリラン‐祖国賛歌」など2曲を披露。真のお母様が笑顔で会場に手を振られるなか幕が下り、第1部が終わりました。

第2部では、1月にセネガルで開催された「ワールドサミット・アフリカ2018」をまとめた映像の上映、同国のムスタファ・ニアス国会議長からの祝賀メッセージの紹介のあと、お母様が再び入場。孝情文化特別公演として、ミュージカル「孝情の夢Ⅱ」が上演され、6000年の復帰摂理歴史を振り返りながら、真の父母様を中心とする現代の摂理や、お父様の遺志を受け継いで天のみ旨を成就するため尽力しておられるお母様の歩みを壮大なスケールで描きました。最後に、金起勲世界副会長のリードで億万歳四唱を行い、第2部は閉幕しました。

第3部では、まず「孝情宴―分かち合い大祝祭」と称して、真のお母様が日ごろ召し上がっておられる12種類のおかずが盛り付けられた弁当「孝情宴」を食べながら、参加者全体が真の父母様の愛を分かち合うひと時を過ごしました。

続く孝情文化祝祭では、著名な歌手が競演する「和合統一ノレハンマダン」や、ユニバーサル・バレエ団による記念公演「眠れる森の美女」が披露。また、全世界の祝福家庭の中から模範となる家庭に「孝情家庭賞」が授与され、文善進世界会長ご夫妻から対象となった22 家庭に記念品が手渡されました。

聖誕記念「敬礼式」を挙行

聖誕記念式に先立ち、同日朝7時から、天正宮博物館地下1階大講堂で、「天地人真の父母様聖誕記念敬礼式」が挙行され、全世界から代表食口およそ800人が参加しました。

敬礼式の会場では、神韓国、神日本、神米国、神アフリカ、そしてアジア・ヨーロッパ・中南米からの参加者がそれぞれ5 つのエリアに集まって着席。開始前には司会の李基誠・神韓国家庭連合会長が、天の勝利権によって敬礼式の形式にいくつかの変更があったことが紹介しました。

午前6時55分、薄緑のチョゴリと茶色のチマの韓服を召された真のお母様が文善進世界会長と共に入場。祭壇の聖燭に点火されたあと、一つだけ備えられた天地人真の父母様の宝座にお母様が座られ、全体で敬拝をお捧げしました。

天一国の歌斉唱、天地人真の父母様への敬拝儀式、「家庭盟誓」唱和に続いて、龍鄭植・アジア総会長が報告祈祷を捧げました。

天地人真の父母様が聖餐を召し上がられる儀式、記念映像の上映に続いて、真のお母様が約10分間にわたってみ言を語られました。

最後に、大塚克己・ヨーロッパ特命総使が億万歳四唱を唱え、全体で敬拝を捧げた後、お母様が退場され、敬礼式は終了しました。