西東京・西静岡教区が書写イベントを開催

3月11日、西東京教区杉並家庭教会で「第58回自叙伝書写感謝の集い」が開催されました。集いの模様は同教区の4教会にインターネット中継され、全体で約1000人(外部ゲスト100人を含む)が参加しました。

この日は東日本大震災の発生から7年目にあたり、最初に参加者全員で黙祷を行いました。また浅川勇男先生は講話で、愛媛・松山家庭教会のある婦人のエピソードを紹介し、最後に「4月1日に行われる西東京教区の『自叙伝書写感謝の集い5周年記念大会』にたくさんの人々を誘いしましょう!」と呼び掛けました。

一方、西静岡教区磐周家庭教会は同日、静岡県磐田市内の会場で「幸福を呼ぶ愛天愛人愛国の家庭生活『自叙伝 春の書写まつり』」を開催しました。

同家庭教会が手探り状態のなかで初めて開いたこの日の書写大会。教会員が主体的にエンターテイメントの準備を行ったり、家族や友人知人に声をかけたりした結果、地元議員を含む147人が参加して復興しました。