神戸家庭教会が「ハッピー講演会」開催

兵庫教区神戸家庭教会は4月22日、神戸市内の会場で「ハッピー講演会」を開催し、新規・再復帰のゲスト35人を含む272人が参加しました。

講演会では、子供たちの天父報恩鼓の演舞、壮年婦人の聖歌隊「神戸クワイヤ」の合唱のあと、沈命基教会長が主催者挨拶を行いました。

来賓の地元議員による挨拶に続き、河原條隆講師が「人間の死と人生の目的」をテーマに講演。「胎中」「地上」「霊界」の「人生の3段階」について説明しながら、霊界生活に向けて地上で準備をしている“今”がどれほど重要であるかを分かりやすく語りました。