ウィーンで“平和と家庭のフェスティバル”

世界40カ国以上から約1万2000人が参加

「平和は私から始まる(Peace Starts with Me)」をメインテーマに4月29日午後3時(日本時間同日午後10時)から、オーストリアの首都ウィーンにある総合イベント施設「ウィーン・シュタットハレ」で、平和と家庭のフェスティバルが盛大に開催され、ヨーロッパと中東を中心に世界40カ国以上から、宗教指導者や平和大使、祝福家庭など約1万2000人が集まりました。

オーストリア最大のゴスペルクワイア「ロングフィールド・ゴスペル」による情熱的なパフォーマンスで開幕した大会は、まず主催者を代表し、エリザベス・クック・オーストリア家庭連合会長とマイケル・バルコム・ヨーロッパ圏域総会長が今大会の趣旨と目的について説明しました。

その中でバルコム総会長は「一人が『平和は私から始まる』と言えば、それが始まりです。もし10人、100人、あるいは1万人の人々が一斉に『平和は私から始まる』と言えば奇跡が起きます」と強調。「神様も夢に見てきた平和が実現する時がやって来たと信じています。今年の冬はとても厳しかったですが、それでも春はやって来ました。同様に、戦争の時代は終わり、平和の時代が始まろうとしているのです」と語りました。

 次に、ハンガリーのパフォーマンスグループが影絵を用いたダンスで人生、家族、愛を感動的に表現し、ダンスカンパニー「スパーク」が創作ダンスを披露。その後、シリア正教会のエマニュエル・アイディン師が祈祷を行い、共に登壇した信徒の女性が平和を祈る歌を幻想的な歌声で捧げました。

また、ソプラノ歌手セイコ・リーさんの歌などのあと、世界平和実現のため生涯を捧げてこられた真の父母様の歩みと業績をまとめた映像が上映されました。

続いて、オーストリアのヴェルナー・ファスラベント元国防相が登壇し、「国防相を10年にわたって務めた経験から、平和をつくるのはとても難しく、それを壊すのはとても簡単であると知りました。平和をつくるためにはまず自らを主管し、その基盤の上に平和な社会を築いていくという文鮮明・韓鶴子総裁の言葉をいつも思い出します」と語り、真のお母様(韓鶴子総裁)を紹介しました。

会場の盛大な拍手に迎えられ、真のお母様が文善進世界会長と共にステージに登場し、約26分にわたって平和のメッセージを語られました。

その中で真のお母様は、キリスト教が誕生し、ヨーロッパから世界に伝播されていった歴史を振り返ながら、「イギリスを中心とした国々がキリストの名によって世界に出て行き、大西洋文明圏を開きました。しかし、キリストの本質を知らなかった彼らは、利己主義、自国の利益を優先することによって、結局のところ、本来の天の意図とは異なり、真の愛を与えていく運動ではなく奪っていく文化として終わってしまいました」と指摘。

そのうえで「外的に見れば、産業革命以降、ヨーロッパは近代文明の科学の発達により、人類に様々な恩恵をもたらしました。しかしこれ以上、そのような繁栄を許すことができないような問題がたくさん起こってきました。さらに続けていくならば人間の命はもちろん、地球の未来も保障できないような心配をせざるを得ない時点に至っているのも事実です。人間の力では限界に至ったのです。本来、人間は宇宙の主人であられる創造主、神様がどんな方であるかを知らなければなりません。神様を知ることによってこそ、すべての問題が解決されるのです」と強調されました。

さらにお母様は、神様の復帰摂理歴史のエッセンスを語られたうえで、「(恨みの多い涙と苦痛の時間を歩んでこられた)天の父母様の前に、真の父母様によって祝福の子女として誕生した皆さんたちが責任を果たす時がやってきました」と強調。

最後に「救いは、皆さん自身のためだけの救援ではありません。皆さん一人ひとりが皆さんの氏族を救ってあげなければなりません。そこで『祝福家庭は神氏族メシヤの使命を果たしなさい』と言ったのです。氏族だけでなく、国家のメシヤ、世界のメシヤとなる、そのような責任を果たし、天の父母様の前に孝子、孝女、忠臣(となってください)。……真の愛を分かち合う太平洋文明圏時代を開き、孝情の心情文化革命を掲げ、為に生きる真の愛で、全人類を抱きしめることのできる祝福家庭、私たちの二世・三世たちが、全世界的に展開しています。……(先祖たちが)キリストの名前で世界に出ていったように、今は真の父母様の名前で、氏族のメシヤ、国家のメシヤとして、世界の救援を果たすヨーロッパの誇らしい皆さんになることを願います」と語られました。

会場全体から感謝の拍手が送られる中、子供たちが真のお母様に花束を贈呈しました。

お母様が退場されたあと、改めて文化公演が行われ、セイコ・リーさんやセルビアの女性歌手などが歌やダンスなどを披露。国境や宗教の違いを超え、参加者たちは文化を通して心を一つにする時間を過ごしました。

 

「祝勝会」を開催

翌4月30日昼(日本時間同日夕方)、ウィーン市内の国際会議場で「祝勝会」が行われました。