天地人真の父母様招請 アメリカCARP特別午餐会

“真の父母様と独り娘・真のお母様と一つになるとき奇跡は起こる!

2018年の下半期を出発する最初の日である7月1日、真のお母様(韓鶴子総裁)は、日本宣教60周年を記念する「2018神日本家庭連合 希望前進大会決意2万名大会」を大勝利されました。そして、祝勝会で希望に満ちた二世、三世たちのパフォーマンスをご覧になり、とても喜ばれました。

真のお母様の勝利を祝賀するような晴れわたる天候のもと迎えた7月2日、お母様は少しも休まれることなく、母の国・日本を訪問中であるアメリカCARPのメンバーたちを都内のホテルに招待され、「天地人真の父母様招請 アメリカCARP特別午餐会」を主管されました。

前日の2万名大会の勝利をアメリカCARPメンバーたちに連結してくださるため、真のお母様は前日の祝勝会でお召しになられた黒のガウンを着用され、韓国CARPの10人と日本のCARP・青年メンバー60人、そしてアメリカCARPの300人と指導者ら計400人が待機する午餐会場に入場されました。参席したメンバーたちは、熱い歓声と涙で真のお母様をお迎えし、真のお母様も明るい笑顔で参席者たちの敬拝を受けられました。続いて、お母様はアメリカCARP代表の花束を受け取られたあと着席され、金起勲・北米大陸会長の開会宣言で特別午餐会が始まりました。

開会宣言のあと、徳野英治会長が代表報告祈祷を行い、アメリカと日本、そして韓国のCARPメンバーが真の父母様の招請のもと、午餐のひと時を持つことをお許しくださった天の父母様と真の父母様に感謝を捧げたうえで、4月のヨーロッパ大会勝利と1月のアフリカ・サミット勝利の背後にはCARP メンバーたちの活躍があったことを強調。最後に「きょう集まったアメリカCARPの300人を中心とする韓日米のCARP・二世圏の400人が真のお母様と完全に一つとなり、世界を救うためCARP・二世圏青年運動の先頭に立ち、与えられた役割を完遂することを祈願します」と述べました。

続いて金起勲会長が挨拶し、「アメリカはCARP活動を通して300人を集め、今後50州にCARPムーブメントを起こす決意を固めるため、日本に来ることになりました」と今回のアメリカCARPの日本訪問の意義を説明しました。また、テレサ・リシェル・アメリカCARP会長は「私たちは孝情文化のチャンピオンとして、アメリカ全体を代表し、美しいお母様に感謝し、決意を証しします」と語りながら、アメリカCARP の代表として平木誉淑(たかよ)さんを紹介しました。

誉淑さんは「昨年、120人の学生を日本に連れてきた時、真の父母様(文鮮明師・韓鶴子総裁ご夫妻)のみ言を深刻に考え、アメリカに帰って3つの決意をしました。第1は、ロサンゼルスCARPを拡大して7つのCARPセンターをつくること。二つ目は、宗教、教育、政治指導者を一つにしながら、復興の精神をアメリカに取り戻すための運動を始めること。そして最後に、次の孝情ツアーに300人の学生を連れて行くことでした」と説明。そして自己中心的な考えを克服し、真のお母様のようになるため、孝情の心情を相続するために精誠を尽くした土台のうえで、日本にもう一度来ることになったと語りました。

続いて、誉淑さんの母親である平木直子さんが登壇し、決意表明を行いました。直子さんは「『天の父母様とともに、真のお母様と一つになると奇跡が起きる』とのみ言を胸に抱いて、ロサンゼルスの復帰を通じてアメリカを立てるつもりです」との決意を伝えながら、ロサンゼルスで出会った有名な牧師を伝道した内容を報告。最後に「お母様、愛しています。私たちは、決意します。アメリカを真の父母様の懐にお返しいたします。ありがとうございます」と力強く決意を述べました。

続いて、ラスベガスCARPのリーダー、ジニル・フライシュマンさんが証しを行いました。ジニルさんはその中で、勧誘活動中に真のお母様の人類に対する愛を心情的に感じるようになったと語ったうえで、「私は大学を卒業してCARPスタッフになります。CARPメンバーは未来の指導者です」と希望と抱負を語り、最後に「お母様、心配なさらないでください。我々は世の中のため中心人物になって世界を動かします」と確固たる決心を真のお母様に伝えました。続いて、本山勝道・日本CARP会長の力強い「勝利提議」(乾杯の音頭)とともに午餐が始まりました。

午餐会の終盤、真のお母様の願いを受け、尹鍈鎬・世界本部事務総長が「カトリック平和統一国安着に向けた世界宣教平和戦略活動」と題して発表を行いました。尹事務総長は30分間の発表で、真のお母様を中心に全世界が動いていることを証言。出席した400人の韓日米のCARPメンバーたちと指導者らは「中断なき前進」を実践躬行される真のお母様に深く感謝を捧げました。

引き続き、出席者たちが熱烈に拍手しながら歓呼する中で、真のお母様が登壇されました。

真のお母様は「お昼はおいしく頂きましたか。(はい) 心の糧となるみ言も、おいしく頂きましたか。(はい) どちらがよりおいしかったですか」と参加者に問い掛けながら、み言を始められました。真のお母様は「昨日のみ言の中でも、韓国、日本、アメリカが、世界摂理の主役にならなければならないと話しました。天の摂理で主役とならなければなりません」と語られ、イエス様を送られるための天の苦労について述べました。そして真の父母様によって始まったアメリカ宣教に関する話とともに、アメリカCARP について「アメリカの若いあなたたちが決断しなければなりません」と強調されたうえで、「もう、私たちには失敗はありません。成功だけです。勝利だけです。何が恐ろしいですか。堂々と真の父母様と独り娘、真のお母様と一つになった位置では、奇跡が起こるしかありません」と力強く語られました。

真のお母様の呼び掛けに、出席したすべてのCARPメンバーたちは元気に大きな声でお答えするとともに、涙を流しながらお母様から孝情を伝授されるひと時となりました。続く文化公演は、CARPメンバーたちが孝情の心情を真のお母様にお見せする機会となりました。韓日米のCARP メンバーたちは、聖歌「成和勇士の歌」と「Generation of Righteousness」を力強く歌ったあと、真の父母様に対する孝の心を描いた「孝心」を韓国語と日本語で心情的に歌い上げ、続いて400人の参加者が決意を込めて「無条件」の歌とダンスを披露し、真の父母様に決意を表明。真のお母様が、韓日米のCARPメンバーの歌とダンスを満面の笑みを浮かべて傾聴される姿を見ながら、参加者らは表現しきれない幸福感を感じ、永遠に残る真の父母様と心情の因縁を結ぶひと時となりました。

文相弼・韓国CARP会長の力強い億万歳三唱のあと、参加者全員が真のお母様に敬拝を捧げ、真のお母様は慈愛に満ちた笑顔と共に手を振りながら退場され、特別午餐会は閉幕しました。

 

特別午餐会の感想

ニュージャージーCARP K・N(男性)
真のお母様のみ言を通じて、「真の父母の子女として立ち上がってほしい」と願われるお母様の痛切な想いを感じました。お母様と韓日米のリーダーから得た知恵を総動員し、私の地元の州に霊的な炎で燃え上がらせたいです。この世界には真の父母様を知らない人の心情までも転換することのできるもっと若く情熱的な指導者が必要です。

ロサンゼルスHARP K・H(女性)
きょうの真のお母様を中心とする午餐会は、非常に素晴らしい体験でした。お母様が入場されたとき、真の父母様は私たちの大きな歓声を聞いて本当に喜んでおられると感じ、涙が出そうになりました。お母様のみ言を通じ、自らの責任と真のお母様から子女として受けた愛について感じました。「これが最後のチャンス」とのお母様を本当に深刻受け止めました。天の父母様と真の父母様をもう嘆き悲しませたくありません。

神戸CARP T・Y(女性)
今回初めてお母様にお会いしました。率直に感じたのは、お母様にとって私たちは本当に愛しい存在なのだなということです。お母様の愛にふれるとアメリカCARPの兄弟姉妹が愛しく可愛らしく見え、母親の心情を通過させてもらうなど、お母様の日本に対する母の国として母の心情を相続し、母の相対に一番立ってほしいという願いを感じました。お母様、私がお母様の一番の心情の相対に立ち、お母様と共にみ旨を成す子女として立っていきます!

鳥取CARP H・H(男性)
真の父母様が午餐会場にご入場された時に感じたのは、お母様の愛は自分自身のこれまでの歩みを全て忘れ去らせてくださり、ただ、感動と慰労を感じさせていただけるものだということでした。この度、お母様から1000万ドルの微笑みを頂きましたので、韓国日本アメリカのCARPが一つとなって、お母様の願いに応え、お母様から直接の愛と祝福を受けた者として、与えられた責任を果たす国家復帰の勇士となっていきたいと思います。