オンラインで「2020特別祝福式」

天一国8年天暦8月24日(2020.10.10)、天寶大祝祭に続き、韓国・清心平和ワールドセンター(本会場)および全世界のリモート会場にて「文鮮明天地人真の父母天宙聖和8周年記念2020特別祝福式」が挙行されました。

東京・渋谷の松濤本部2階礼拝堂では、南東京教区の杉田善忠教区長が主礼を務め、7組のカップルとその家族が参加しました。

世界各地での祝福式は、本会場の進行に合わせて、神韓国家庭連合の洪聖福家庭局長の開会宣言ではじまりました。

介添人が整列し、主礼の李基誠・神韓国家庭連合会長が入場。続いて代表の新郎新婦が登壇し、聖酒式が行われました。

次に聖水儀式が行われ、各会場の主礼が新郎新婦に聖水をかけました。

聖婚問答のあと、真のお父様の生前の音声による祝祷がありました。お姿は見えなくても、真のお父様のその懐かしきお声は、新郎新婦の心に深く染み渡りました。

そして礼物交換と聖婚宣布が行われ、本会場では真の父母様への花束奉呈と礼物奉呈がありました。

男女デュエットによる祝歌で会場は更に愛の雰囲気に包まれ、最後に李基誠会長が億万歳3唱を唱え、祝福式が終了しました。

新郎新婦たちは、これから幸せな家庭を築いていく夢を抱きながら、天の父母様と真の父母様に感謝を捧げ、孝情で侍る家庭になることを誓いました。