私の出会った文先生 ~直接侍る中で見た精誠の生活~

阿部知行(777双)  1980年秋、妻が訪韓した折に突然、真のお母様(韓鶴子総裁)が「日本の食口(教会員)夫婦が真の家庭に仕える時が来た」とおっしゃり、不足だらけの私たち夫婦が、その任にあたることになりました。今よりも

私の出会った文先生 ~先駆的“日韓家庭”の一人娘として愛された人生~

末永喜久子(777双)  私は1944 年、“一代前の日韓家庭”(両親)の一人娘として、中国山西省で生まれました。日本の軍人だった父が満州で負傷した時に、看護婦をしていた韓国人の母から輸血されて助かったのが縁でした。母は

私の出会った真のお母様 ~韓国語で伝えられた感謝の気持ち~

郷佳代  私は小学校卒業後、韓国に留学し、中学・高校を韓国で過ごしました。卒業後は日本に帰ってきて大学に入学し、それと同時にCARPの学舎に入寮しました。今はCARPのスタッフとして公的に歩んでいます。  今回、真のお母