3000組の超宗教「祝福結婚式」を挙行、 米カリフォルニア州で希望前進大会

4月6日午後2時(日本時間7日午前6時)から、米カリフォルニア州ガーデナのメガチャーチ、シティ・オブ・レフュージ教会で「平和は私から始まる:アメリカを祝福(“Peace Starts with Me:Blessing America”)」をテーマに希望前進大会が開催され、真のお母様(韓鶴子総裁)をはじめ、100以上のキリスト教会の牧師と信者合わせて約6000人が参加しました。大会では祝福結婚式が行われ、新たに約3000組の祝福家庭が誕生。大会の模様はインターネットで全世界に生中継されました。

大会では、エミー賞を受賞したカーティス・ファロー氏の指揮による約500人の超宗教・超教派聖歌隊の合唱があり、参席者も心を一つにして讃美しました。また、グラミー賞受賞者であるゴスペル歌手ヒゼキヤ・ウォーカー牧師が情熱的な公演を行い、会場が熱気に包まれました。

今回の大会の大きな特徴は、米国のキリスト教牧師が主導的に開催した超宗教・超教派的な希望前進大会であったことです。大会は、ジョージ・オーガスタス・スターリング大司教の開会の祈りで始まり、続いてシティ・オブ・レフュージ教会のエルダー・ペリー副牧師の「歓迎の辞」、世界平和統一家庭連合の金起勳世界副会長の「感謝の辞」の後、米聖職者指導者会議(ACLC)のルオン・ルース共同議長夫妻の主礼で祝福結婚式が行われました。

次に、全米の黒人の間で有名なシティ・オブ・レフュージ教会のノエル・ジョーンズ牧師が登壇し「私たち一人一人は神様の似姿として創造されました。神様は、皆が兄弟姉妹として平和に暮らすことを願っています。様々な宗教者を一つにするために天が韓鶴子総裁を準備したことを、私は確信しています」と真のお母様を紹介しました。

真のお母様は「天の摂理から見たキリスト教の使命と米国の責任」というテーマで基調講演され、「人間の能力では解決することができない人種・宗教・文化・思想の壁があり、また公害と気候温暖化で多くの生命が死んでいるのに、これを見過ごすことはできません。天が米国を約200年の間、世界の民主主義の中心国家として祝福されたのは、全世界の人類を抱くためです」と説明。「きょうが人類一家族を実現する出発の日です。平和に向かう世界には銃刀や核(兵器)は必要なく、真の愛と祝福を通してのみ可能です。一日も早く米国が創造主、神様を迎える運動をしなければならず、この炎を米国の中部と東部に広げていくことを願います」と語り、混乱に陥った米国を祝福結婚、真の家庭運動によって救うことを強調されました。

ノエル・ジョーンズ牧師は、過去数回にわたって家庭連合の祝福結婚式に参加しながら、家庭を再構築し、地域社会を正しく立てるためには希望前進大会と祝福結婚式が必要であると確信。今回、真のお母様を招待して祝福結婚式を挙行し、希望前進大会を自ら主導しました。ジョーンズ牧師は真のお母様を、様々な背景の人々を和合させる「平和の母」と証ししています。