「神統一世界安着のための天一国指導者就任式」が挙行

天一国8年天暦9月4日(陽10.20)、真の父母様の主管の下、「神統一世界安着のための天一国指導者就任式」が韓国の清心平和ワールドセンターで行われ、世界194ヶ国の天の父母様聖会・世界平和統一家庭連合の主要公職者並びに牧会者らがオンラインで参加しました。

尹煐鎬・世界本部長は歓迎の辞で、天宙的カナン7年路程「2027」に向けた摂理のビジョンである「神統一世界安着」を真のお母様が明確に提示してくださったと強調。2027年(天暦)3月16日の「第60回天の父母様の日」に向けて、本聖殿である天一聖殿(天苑宮3階)で記念式および戴冠式を行うように準備しておられると発表しました。

次に、去る天暦4月16日(陽5.8)、真のお母様から世界本部長に任命された尹煐鎬・世界本部長に、任命牌が授与されました。

真のお母様はこのたび、2023年に天一国「中央庁」として「天苑宮」が完成するのに先立ち、天一国の立法機関である天議苑の各大陸別苑長を任命されました。

天議苑長の任命牌授与式では、李基誠・神韓国天議苑長、徳野英治・神日本天議苑長、金起勳・神米国天議苑長、バカリ・カマラ・神アフリカ天議苑長、キャシー・リグニ・神アフリカ天議苑長、大塚克己・神ヨーロッパ天議苑長、梁昌植・神中南米天議苑長、ロバート・キッテル・神アジア太平洋天議苑長が、それぞれ映像で就任の辞を述べ、神統一世界安着に向けて全力投球し、天命を必ず成し遂げると表明しました。

鄭元周・総裁秘書室長は天議苑長たちに贈る祝辞で、「真の父母様の深い願いをよく酌み取り、一世圏、二世圏、三世圏の指導者たちが協力し合って、大陸の復帰と天一国の未来指導者の養成のために、情熱と精誠を尽くすようにしてください」と激励しました。

続いて、世界的組織改編に伴い、9つの大陸圏域に再編成されることが発表。各大陸会長が紹介され、それぞれに任命牌が授与されました。

13人の大陸会長(神韓国特別大陸の朱鎭台、皇甫國、兪慶得、李サンジェ、朴榮培・各共同大陸会長のほか、方相逸・神日本大陸会長、龍鄭植・神米国大陸会長、ジャン・ピエール・カデマ・神アフリカ大陸会長、マイケル・バルコム・神ヨーロッパ大陸会長、金サンソク・神中米大陸会長、金ドンウ・神南米大陸会長、デミアン・ダンクリ・神アジア太平洋1大陸会長、堀正一・神アジア太平洋2大陸会長)は映像による就任の辞で、それぞれ任された大陸において、任務を全うして勝利することを誓いました。

文姸娥・UPF韓国議長は大陸会長たちへの祝辞で、「真のお母様を中心に一丸となって、天の父母様の理想と真の父母様の願いを全世界へと広く伝え、真の父母様の代身者となるようにしてください」と呼びかけられました。

新たな出発を祝うため、天一国の次世代の主役・世界青年学生本部チームと、リトルエンジェルスの天使達が祝歌を贈り、億万歳三唱で閉会しました。