全国最小・鳥取県で1 万名大会の実現を

救国救世基盤造成のモデルケースに 鳥取教区 伝道部長 岩本 幸絵 2月末、金允坤教区長を迎えて新たな出発をした鳥取教区(鳥取、米子、倉吉家庭教会)は、2020年に真のお母様をお迎えし、1万名大会を行う目標を掲げています。

人材育成と基台づくりで教会成長

責任者が先頭に立って実践 北千葉教区松戸家庭教会 教会長  小澤 秀幸 松戸家庭教会のモットーは、「教会は人であり、食口は家族である」「人を育てない限りは、発展の道はない」 です。 これを実現するには、何よりも責任者の意

家庭連合時代にふさわしい心情共同体に

宋総会長が「純世国際学院」東京校を訪問 4月22日、宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長が川崎市の「純世国際学院」東京校を訪問し、同学院の在校生・卒業生の父兄やスタッフと交流する機会を持ちました。20人程度の小規模な集会で

新宿家庭教会で青年歓迎ファミリー礼拝

4月16日、青年・学生のフレッシュマンを歓迎するファミリー礼拝が新宿家庭教会で開催されました。この企画は昨年から実施しているもので、4月から中学・高校・大学に進学した新1年生や、就職などで地方から新宿に移管してきた青年な

高知教区でオープン礼拝

4月16日、高知教区は高知市内の会場でオープン礼拝を行い、新規61人、再復帰25人を含む565人が参加しました。教会員たちは真のお母様をお迎えするための1万人基盤復帰を意識し、動員に取り組みました。 オープン礼拝は、青年