七大運営指標のモデル地区を目指します!

第1地区長 矢吹恭一

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年10月5日、第1地区・北海道に、VISION2020完遂の為、七大運営指標を具体化する為の「札幌はなぞの総合研修センター」が完成致しました。宋龍天全国祝福家庭総連合会総会長ご夫妻から、「真のお母様からのお祝いの言葉」を承り、北海道の教会員一同、喜びと感謝の中で出発致しました。

 2015年は、真の父母様を称え、讃美し、そして真の父母様こそが、日本を、世界を救ってくださった大恩人であり、イデオロギー、人種、宗教、国境、貧困、食糧等の人類が抱えている問題解決の為に、様々に代案を提示され、神様の解放と、祝福、真の家庭運動による人類一家族世界、世界平和の実現に生涯を捧げた真の父母様を証していきます。

 具体的には、同研修センター8階に常設の「真の父母様生涯路程と北海道統一運動史展示室」を中心に、各教会に「展示室」を開設。真の父母様の真実の姿を北海道民に情熱をもって、全教会員が証していきます。

 また、教育に関しては、未来の摂理の主役である二世、青年の教育、壮年婦人の若返り、教会員の能力の公的化、そして、祝福家庭の幸福度アップの為、「良き親の為のセミナー」「良き家庭をつくる為の親子セミナー」等々、真の家庭運動、神氏族的メシヤ活動を展開してまいります。

 真の父母様のみ言に「感謝できる人は、天運を受ける。許すことができる人は、心を開くことができる。為に愛することができる人は、幸せを運んでくる。皆と一つになれる人は、目的を実体化できる」とあります。今年はこの精神で、七大運営指標のモデル地区を目指します。

One Comment
  1. Pingback: 2015年・年頭の挨拶(地区長) | 統一教会 News Online

Comments are closed.